やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

映画「哀愁しんでれら」鑑賞感想

ポスター画像

2021年2月公開

監督、脚本:渡部亮平

・・・

あらすじ:ある日の夜、あらゆるものを失って不幸になった福浦小春は泉澤大悟と出会った。子連れの泉澤と福浦はあっという間に結婚したが、泉澤親子の何かがおかしい。福浦小春の運命はどうなるのか。

・・・

 とあるゲームアプリをやっていると広告が立ち上がります。その広告にこの作品の宣伝がありました。泉澤役の田中圭が怒鳴る場面なのですが、広告が何度も立ち上がるものですから私はできるだけ早く閉じようとがんばっていました。

 なるほどなあ、こういうお話だったのですね。

「来る」というホラー映画がありましたよね。あの作品からホラー要素を抜いたら哀愁しんでれらになると思います。

 私としましては、予告でめちゃくちゃ怒鳴られて怖かったのですが、本編ではまるで他人事でした。悪化していく事態を楽しみながら鑑賞することができました。

 原作がないのですね。非常に面白い作品です。土屋太鳳の演技がどうにもこうにも受け付けませんが、ぜひご覧ください。田中圭という役者はどす黒い裏がありそうです。スマホを落としただけなのにのときもこいつが黒幕なんじゃないかと思うこともありました。田中圭、怖い。

 焼肉がかわいそうでした。