やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

映画「罪の声」鑑賞感想

ポスター画像

2020年11月公開
監督:土井裕泰
原作:塩田武士
脚本:野木亜紀子
・・・
あらすじ:1984年に日本を混乱させた事件は昭和最大の未解決事件と言われた。2018年、その事件に巻き込まれた人物が真相を調べようとする一方で新聞社でも特集を組むために事件の掘り起こしを目指す。
・・・
 いろいろとひどい作品です。令和の三大クソ映画とまではいかないですが。時効になっているし、30年も経てば関係者が口を割って真相が明らかになるだろうということで調べてみたら何もかもきれいさっぱり真相がわかってしまうという驚愕の物語です。紳士服を作るテーラーと新聞記者が真相を明らかにしました。
 いやいや、そんなわけあるかい!
 警察はミスをするし、隠蔽したり、事件化を嫌がったり、証拠をねつ造したり、ゴミクズ組織だったりしますけど、警察の捜査能力はテーラーと新聞記者の1万倍はあると思いますよ。その警察が散々調べて、未解決になったんですから、30年後に調べてもほとんど何もわからんでしょう。その警察が今作に一切登場せず、テーラーと新聞記者の調査だけですべてがわかるなんて、あるかよ!
 実際のグリ森では、警察は録音テープの声の主まであと一歩だったみたいです。でも、彼らが事件と関係しているという証拠を見つけられないので任意同行みたいなことをできなかったようです。グリ森の警察は各県警の連携や現場の判断などで大きなミスをしてますけど、それさえなければ複数犯と思われる犯人の1人くらいはせめて刑務所送りにできたはずです。まあ、でも、今作の警察が作中の真犯人にたどり着いていなかったという描写もないので実は警察も彼ら犯人グループを知っていたのかもしれませんけども。
 今作の犯人グループは、犯行目的が食品関連会社の株価操作によって金を手に入れることだった、もうひとつは学生運動に参加していた犯人グループの1人が体制の打倒をもう一度夢見た、というわけですが、それらの派手な犯行の一部始終でいろいろと足がついています。だからこそ作中のテーラーと新聞記者は真相にたどり着きました。だったら作中の警察も犯人逮捕にたどりついてもいいようなものですけどね。
 それでですよ、今作についてですけど、マスコミがいい人すぎますし、出てくる人物がどいつもこいつもしゃべりすぎますし、というよりもマスコミ以外のすべてが悪という感じがしました。1984年のマスコミがスクープ合戦に奔走したことを反省するとか言ってますが、反省してないでしょう。
 あと、おじさんは謝罪せず逃亡、お母さんも謝罪せず病死ですが、謝れよおおおお!!! 反省を促す作品なのに、肝心の2人が謝らないなんて、あるかよ!
 あと、それ以外にもおかしな点は山ほどあります。ああ、なんかこれだけいろいろ悪い部分があるとクライマックスでちょっと泣いた私がバカみたいです。
 原作のほうは、グリコ森永事件を小説として書きたいと思った元記者の作品を原作としていて、発生日時や場所などはグリ森と同じだそうです。でも、この映画は社名などを変えているのに、南海なんば駅近鉄百貨店の紙袋、阪神パークレオポン、スーパーマーケットのジャパンはなぜそのままなのですか。

 グリコ森永事件を扱った作品でおすすめなのはNHKが放送した「未解決事件」のfile.01です。もちろんドキュメンタリーですが、再現ドラマも作中でやっています。この番組の中で秀逸だったのは事件当時に捜査を指揮していた大阪府警のおっさんが滋賀県警の独自行動を知らずNHKのスタッフからそのことを聞いて「そんなことあるかよ!!!」という場面です。最高でした。この「未解決事件」は三億円事件などもやっていますし、面白い番組です。

映画鑑賞感想/麻雀放浪記/麻雀放浪記2020/女王陛下のお気に入り

麻雀放浪記

1984年 監督:和田誠

 ひたすら麻雀です。麻雀キチガイですね。飯以外は麻雀です。金は麻雀のために存在するのであります。麻雀なくして人類無しなのであります。

・・・

麻雀放浪記2020

2019年 監督:白石和彌

 ごめんなさい、麻雀はわかりません。嫌な思い出もありますし。19歳くらいのときに友達に誘われました。まったくやったこともないのでお断りしたのですが教えるからいっしょにやろうと言われました。それで友達の家へ行って、やってみたら、全然わからないわけですよ。何をどうしたらいいのかさっぱりですし教えられても何を言っているのかわからなくてただ座っている状態になってしまいました。すると、舌打ちされるわ、さっさとやれよと言われるわ、自分は今ここで何のために何をしているのだろうと思いましたね。

 他には、先輩の麻雀にまつわる噂もありました。部室へ行ってみるとその先輩が釣竿を磨いていたことがあって、(あ、勝ったんだな)とも思ったりしたものです。そういえば検察のえらい人が賭け麻雀でえらいことになりましたね。麻雀ってやつは怖いのです。

 ピエール瀧が出演していますね。顔を拝むことができて良かったです。お元気そうで何よりです。

 戦争にまた負けて日本はまた敗戦国となって2020年にやるはずだったオリンピックも不謹慎だという理由で中止とのことです。「また戦争したのか」というセリフが印象的です。

・・・

女王陛下のお気に入り

2018年 監督:ヨルコス・ランティモス

 お高く留まった女性が気持ち悪くて、しかも戦争のために重税を課すというのですからなおのこと不快です。もといた下界に戻されるのが怖くて、戻されるだけならまだいいですが命を奪われる恐れもある状態で、そんな生活を送っていたら人間なんて捻じ曲がってしまうのでした。この映画、面白いですね。

映画鑑賞感想/マイル22/パニック・フライト/ダイナー

マイル22

2018年 監督:ピーター・バーグ

 キティガイじゃないとできないお仕事ですね。出てくる奴はみんなイカれています。そんな中で死ぬときだけはやさしくしてくれるのでした。

・・・

パニック・フライト

2005年 監督:ウェス・クレイヴン

 老害というのは万国共通なのでしょうか。クレームを言う客というのは万国共通なのでしょうか。ところで、機内の座席配置や機種が場面によって変わってしまう映画がありますけど、これはそのようなことがありませんでした。

・・・

ダイナー

2019年 監督:蜷川実花

 俺はあああああああああああ! ここのおおおおおおおおおおおお! 王だっ! 砂糖の一粒までが俺に従う。従うか、死ぬかだ。はい、というわけでですね、本郷奏多神木隆之介とそっくりで見分けがつかないので助けてください。今回の本郷奏多神木隆之介として認識していたけれどエンドロールで「本郷奏多だったんだ」となりました。キングダムのときもそうでした。

映画鑑賞感想/評決のとき/アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲/劇場版新ミナミの帝王

評決のとき

1996年 監督:ジョエル・シュマッカー

 ミス・マーベルみたいな場面がありました。ちょうどアメリカで暴動が起きていることですし、このような作品を観るのがいいかもしれませんね。

・・・

アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲

2019年 監督:ティモ・ブレモンソラ

 何もかもめちゃくちゃです。もう何がなんだかです。難解にして単純明快です。そして、火星はすでに手遅れです。赤いのでソ連です。

・・・

劇場版 新・ミナミの帝王

2017年 監督:瑠東東一郎

 竹内版の萬田さんに比べるとすごくやさしいのです。竹内版だとほんまもんの鬼なのですが、こちらはセリフですらそのやさしさがあふれています。正義の味方です。大東駿介の演技も最高じゃないですか。

映画鑑賞感想/ロスト・マネー偽りの報酬/ハンターキラー 潜航せよ/ウィッカーマン

ロスト・マネー 偽りの報酬

2018年 監督:スティーヴ・マックイーン

 「隠れてラップの練習をしていました。けっこううまいっす」この場面が好きです。かなりうまいっす。それにしてもアリスという白人の未亡人がですね、めちゃくちゃ背が高くて男たちも見上げています。その背の高さに作中で誰も言及していません。(テネット鑑賞の何ヶ月も前に見ていたので感想の順番がおかしくなりました。)

・・・

ハンターキラー 潜航せよ

2019年 監督:ドノバン・マーシュ

 面白いですね。海中だけではなくて陸上でも緊張した状況がありました。潜水艦にトマホークなんて積んでいるんですね。

・・・

ウィッカーマン

2006年 監督:ニール・ラビュート

 ニコラス・ケイジの頭おかしい出演作シリーズですね。宗教臭いあたおか作品に今後も出て続けてください。

映画『ゲキ×シネ「偽義経冥界歌」』鑑賞感想

2020年10月公開

演出:いのうえひでのり

作:中島かずき

・・・

あらすじ:平氏が都を支配する中で源頼朝の弟である遮那王牛若は鞍馬から奥州奥華一族のもとで匿われていた。しかし、牛若は周りに暴力を奮うなど所業の悪さが目立ち、奥華の嫡男である玄久郎が諌めようとして弾みで殺してしまう。そこで奥華一族は玄久郎を牛若のふりをさせて頼朝のもとへ送り込む。奥華の兵と金を預けて、平氏打倒の協力をさせようとした。玄久郎は源九郎義経と名乗り、ついには平氏を滅亡に追いやる。戦いの中で義経は大陸からやってきた不思議な歌を歌う静歌と出会う。一方で奥華三代目当主秀衡は真の野望を抱いていたが、妻である黄泉津の方の計略で殺された。はたして、奥華と偽義経の運命は。

・・・

 新感線の舞台を映画館で上映するゲキ×シネです。映画館での鑑賞は初めてです。こちらでは特別上映ということで2000円でした。こちらの映画館の割引が適用されません。

 この舞台は、ここ最近新感線がたびたび使っている、というよりも一時期新感線専用となっていたIHIステージアラウンドで演じられたのかなと思いきや普通の舞台なのですね。客席の周りを舞台がぐるりと囲んでいる形でして、客席が回転するというものです。行ってみたい劇場です。東京にありまして駅から近いけど劇場の周りにコンビニもないらしいですよ。

 新感線は東日本が大好きですね。阿弖流為とか髑髏城とか平将門とか。今回も東北です。悲劇となる物語を舞台にするのが大好きですね。悲劇は舞台にしやすいのでしょうかね。

 生田斗真も新感線の常連になりましたね。舞台の演技もうまいですし、Cat in the red bootsも面白い作品です。

 粟根さんも河野さんもいい味を出しています。それにしても河野さんはクズ役が多すぎます。右近さんは相変わらずです。

 山内圭哉という役者もいい感じでして、新ミナミの帝王での印象が強くてけっこう気になる役者さんです。

 奥華は崇高な理念を掲げて奥州を支配しています。国だけではなく民を守ることに重きを置いています。だけど、秀衡は実はそうではなかったということでアレなことになってしまいました。その秀衡をアレにした黄泉津の方は民と国を守るために行動を起こしたはずなのに、なんだか悪いやつにしか見えません。

 というのも、奥州の民が描かれないからかもしれません。偽義経と泰衡と静歌以外全員悪いやつにしか見えない状況なのは、民が舞台に出てこないからかもしれません。奥州の民を守るといいつつ、最後の最後は「このちっぽけな国なんか出て大陸の国を支配しろ」とか言ってしまったのはいけません。義経がチンギスハンになった伝説を盛り込んだわけですが、奥州の民は結局どうでもいいのでしょうか。新感線の石川五右衛門も日本を盗みつくして海外へ飛び出しましたけども。

 ただ、チンギスハンになる伝説を新感線は絶対採用するだろうなあと思っていたので、そうきたかという感じです。

 とにかく悲劇で救いがないようなお話です。史実では頼朝もこのあと落馬して北条の時代になるわけですが。

 やっぱり新感線は面白いので、生の舞台も……

映画「UFO真相検証ファイルPart2 衝撃!カメラに映った宇宙人たち」鑑賞感想

ポスター画像

2020年10月日本公開

監督:ダーシー・ウィアー

・・・

あらすじ:メキシコのジャーナリスト:ハイメ・マウサンがそのキャリアにおいてUFOを追うようになった経緯を語りつつ、彼が検証したUFOや宇宙人の映像を紹介するドキュメンタリー。

・・・

 Part1は!?!?

 こちらの映画は基本的にイオンシネマで上映されているものですが、ところどころでは単館の小さな映画館でも上映されています。

 2020年最大の問題作として私はめちゃくちゃ注目していました。上映を待ち遠しくしていたのです。Part1の上映は10月9日から始まりました。でも、まあ、しばらくは観なくていいかななんてのんびりしていました。ところが、鬼滅の刃が公開されるとイオンシネマの上映スケジュールを確認できなくなる事態が起きました。そのせいで観る気が失せた部分もあります。それでも、絶対観に行くという気持ちはありましたので、なんとかして上映スケジュールを確認していました。イオンシネマのサイトにアクセスしにくい状況が続いていましたが、上映終了予定の予告もまだ出ていませんし、まだ大丈夫だななんて思っていたら10月22日に上映が終わってしまいましたね。映画の上映が終わるときは何月何日終了予定の予告があるのですが、今回はそれがなくて、はい、というわけでPart1は観ずじまいです。鬼滅ヘイトを溜めているところです。

 Part2は上映開始初日に行きました。

 劇場には自分を含めても3人だけです。地方の映画館だと、こんな頭のおかしい作品に限らず普通の作品でも客が数人だけというのはよくあることです。でも、今日わざわざ映画館に来てUFOファイルを見ているこいつらはいったい何者なのでしょうかね。私はオカルト好きだから観るのですけど。地元徳島で私以外にこの映画を観る頭おかしい奴がいたなんて意外です。ただし、オカルト好きだからといって信じているのかどうかはまた別問題です。

 さて、今作を注目するに至った原因のひとつは、字幕日本語監修が並木伸一郎さんだからです。しかも映画にコメントを寄せているのは島田秀平さん、キックさん、三上丈晴さんなんですね。あー、これはヤバいっすわーとなりましたね。

 並木伸一郎さんといえば月刊ムーの記事を一手に引き受けるオカルト研究家でして、年配ながらかっこよさもあります。そんな方が字幕監修をやっちゃったならなおさら観るしかないなと思うじゃないですか。

 島田秀平さんとキックさんは皆さんもよくご存じだと思いますけど、三上丈晴さんといえば月刊ムーの5代目編集長ですよ。

 それで、作品の内容は思ってたのとちょっと違いました。メキシコのハイメマウサン? 名前は知らないけど、UFO番組では何度か顔を見たことがある人でした。映画の前半はその人がなぜジャーナリストをやっているのか、ジャーナリストなのになぜUFOを調べることになったのか、それについて語っていました。このおっさん、もともとはまともなジャーナリストだったんですねえ。正直そんなものが見たかったんじゃないんですがと思いつつ、そのあとはUFOや宇宙人の映像紹介です。

 私は完全にバカにしているスタイルですけど、だって、こないだ米軍が出したUFO映像は信ぴょう性が高いけど、それ以外の映像、宇宙人が映っている映像はいくらなんでもひどいというか、99.9%作っているじゃないですか。そのことを作中で突っ込まれたハイメマウサンが言っていたのは、映像の持ち主が映像をハイメに対して金を要求しなかったから本物だとのことですけど、そんなものは映像を本物だとする何の証拠にもなりませんし、何より驚いたのは映像が本物かどうか映像解析をしていないというのです。それは絶対ダメじゃないですか。こいつ、ジャーナリストのくせに映像の裏付けをやっていません。映像を撮った現場に行って調査しただけです。そういうのは本当にがっかりします。ちゃんと映像解析とかやってほしいんですけど。

 映像が撮られた現場で放射線量を計測していて、40マイクロレントゲンという異常な量が出ているとのことですが、この数値はおそらく大都市部の線量と同じものではないでしょうか。

 映像の紹介もしてほしいけど、映像の検証を徹底的にやってほしいです。そうすればほんとにあった呪いのビデオみたいな検証スタッフの面白さも出てくるでしょうし。

 あとは、劇中でUFOを撮影するために発明したカメラが出てきましたけど、SONYの一眼レフとSONYのビデオカメラを合体させたものでした。これまでになかったすごいカメラということでメキシコでは特許にもなっているそうですが、微笑ましいですね。

 とはいえ、メキシコのおっさんの半生に触れる部分もあったということで、Part1を観なかったことが悔やまれます。Part1はどんな内容だったのでしょうか。気になります。

 文句を並べてしまいましたが、オカルトはやっぱり楽しいのでございます。あーでもないこーでもないと言いながら観るのが楽しいのです。こんな番組がテレビなどであふれてくれることを願います。