やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

映画「ザ・ファブル」鑑賞感想

f:id:uraomotenoraneko:20190623011212p:plain

2019年6月公開

監督:江口カン

脚本:渡辺雄介

原作:南勝久

・・・

あらすじ:凄腕の殺し屋ファブルはボスから1年間の休養を命じられた。その間決して人を殺してはいけない。大阪に用意された住まいで一般人としての生活を始めるが、トラブルに巻き込まれる。果たして人を殺さずにトラブルを処理することはできるのか。

・・・

 7562とはどういう意味の数字でしょうか。彼らの乗っていた車のナンバーです。「大阪 351 お 7562」です。大阪市内が舞台だと思っていたのですが、ナンバーが大阪ということは逆に大阪市の外だということになります。大阪市のナンバーは「なにわ」ですから。さて、7562とはどういう意味でしょう。351ということは希望ナンバーですし、7562をナンバーとしている車が相当数存在していることになります。

 劇中で岡田准一が壁をよじ登る場面がありました。劇場内でどよめきが起きました。あれはすごいですよ。ぜひご覧ください。ファブルを演じているのは岡田准一ではなくひらパー兄さんです。それだけではなくて、柳楽優弥福士蒼汰向井理の演技もええ感じです。

 この6月は親が子を殺す事件がありました。それに近い内容もありまして、けっこう考えさせられます。親が子に対して負っている責任というものでしょうか。子の罪を親が責任を取る、そんな作品です。

 柳楽優弥が演じる小島はイカれているけど腕のある殺し屋みたいな感じだったのですが、実はそうじゃなかったのです。それ以外にも、清水と海老原が何かしらの関係があると言いつつあまり関係なさそうですし、脚本のおかしなところはいくつかあるのですが、それでもこの作品は面白いのでおすすめです。

 最後に、山本美月めっちゃかわいい! 山本美月史上最高のかわいさを見ることができる作品です。

大阪兵庫京都食べすぎの旅

f:id:uraomotenoraneko:20190608135222j:plain

f:id:uraomotenoraneko:20190608134644j:plain

 大阪と西宮北部でうどんを食べたあと、偶然発見した加西市紫電改です。鶉野飛行場跡に建てられた紫電改レプリカ展示施設というわけです。紫電改を産みだした川西飛行機の工場がここにあったのですね。周辺は、まさに滑走路があったのだろうなと思わせる敷地が広がっています。

f:id:uraomotenoraneko:20190622003000j:plain

f:id:uraomotenoraneko:20190622003002j:plain

 というわけで、京阪神地区でいろいろ食べました。

映画「X-MEN:ダークフェニックス」(字幕)鑑賞感想

f:id:uraomotenoraneko:20190621233330p:plain

2019年6月公開

監督、脚本:サイモン・キンバーグ

・・・

あらすじ:1992年、帰還不能となったスペースシャトルの乗員を救うためX-MENが向かった。全員が救われたものの、ジーンは太陽フレアに巻き込まれて様子が変わった。だが、それは太陽フレアではなく別の惑星を滅ぼしたフォースだった。

・・・

 これまでX-MENどうし、もしくは人類と戦ってきた彼らですが、ついにエイリアンと戦うことになりました。そのエイリアンが強いのなんのって。

 そんなエイリアンもかわいそうな境遇ですが、それが報われることもなくジーンによって無慈悲に全滅させられるのでした。

 プロフェッサーがなんだか悪い人になってしまっているし、そもそもこの映画の時系列がよくわからないし、なんだかなあ。マグニートーが過去に犯したことを語りますけど、その過去がどの映画のことを言っているのでしょう。

 同じマーベルでも、X-MENの衣装のダサさはどうしようもありません。ダークフェニックスの衣装はスカーレット・ウィッチに寄せてきていますよね。

映画「メン・イン・ブラック:インターナショナル」(吹替)鑑賞感想

f:id:uraomotenoraneko:20190621225633p:plain

2019年6月公開

監督:F・ゲイリー・グレイ

脚本:アート・マーカム、マット・ホロウェイ

・・・

あらすじ:幼い頃にエイリアンと出会った少女は成長してMIBの一員となった。そんな配属されたロンドン支部で護衛任務に就くが、目の前で護衛対象のエイリアンが殺されてしまう。そのエイリアンから受け取ったものを巡って、MIBとエイリアンの両方から追われる立場となった彼女は果たしてこの窮地を脱することができるのか。

・・・

 テッサ・トンプソンが演じるエージェントMの吹替がひどくて話が全然頭に入ってきません。頭には入ってこないのですが、それでも理解のできる簡単なお話でした。

 あと、死んじゃったエイリアンがバナナマン日村にそっくりだなあっていうのと、エイリアンの命が軽いなあって感じです。

 ありがとうございました。

映画「町田くんの世界」鑑賞感想

f:id:uraomotenoraneko:20190616012416p:plain

2019年6月公開

監督:石井裕也

脚本:片岡翔、石井裕也

原作:安藤ゆき

音楽:河野丈洋

・・・

あらすじ:運動音痴で勉強もできない町田くんは周りの人たちのことばかり考えている。困った人を見つけたらすぐ助けてしまう。そんな彼と猪原奈々が出会った。恋のこともわからない町田くんに猪原奈々は振り回されるが、わからないことを2人は追い求めていく。

・・・

 石井裕也監督作品は川の底からこんにちはしか観ていません。川の底からこんにちはも名作なのでぜひご覧ください。

 一方からは、飯ばっかり食いに行きやがって映画観ろと言われ、もう一方からは映画ばっかり観てないで飯食えと言われて、世の中厳しいですが、町田くんはそんな世界で一生懸命ですね。

 そんな彼が周りの人々を変えていくというわけです。物語としては王道を行っている感じがします。

 もう本当に町田くんを誰か助けてほしい、守ってあげてほしい、その一心で観ていました。映画館にいる私が彼を助けることはできないという言い訳をしながらそのように願っていました。

 町田くんは知恵も知識もないイカれた奴でして、知らないことが多すぎますし、相手の気持ちを汲みとれないですし、困った子ですが、いわゆるいい奴ってことでしょうかね。ただし、そのいい奴のレベルが5億レベルです。そんな彼は周りのことを助けすぎて「肉を忘れてしまった、なぜだ」と苦しみますが、その点だけは私もあるあるです。

 前田敦子と太賀がええ味出しています。佐藤浩市だけは最後まで悪い人でしたね。

 風船と、それを見つけた電車の中の2人、気づかない乗客たちは何を表しているのでしょうか。

映画「海獣の子供」鑑賞感想

f:id:uraomotenoraneko:20190615013037p:plain

2019年6月公開

監督:渡辺歩

原作:五十嵐大介

キャラクターデザイン、総作画監督小西賢一

音楽:久石譲

・・・

あらすじ:夏休み1日目、琉花はジュゴンに育てられたという少年と出会った。一方、海では異変が起きていた。

・・・

 全然わかんない! ぼくには無理! 観るのが1億年早かった!

 宇多丸さんの評もわかんない! 説明セリフも何言ってるのかわかんない!

 無理!

 ところで、駅名は江ノ島だったのに水族館はなぜ江の倉なのでしょうか。