やくもとうずしおをがっつりと

ほぼ毎日19時更新。「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。稀に旅日記をやっています。

映画「ポッド・ジェネレーション」鑑賞感想

ポスター画像

2023年12月日本公開

監督、脚本:ソフィ・バーセス

・・・

あらすじ:22世紀が近いニューヨーク、ハイテク企業で働くレイチェルは会社から昇進とともに子作りを提案された。ペガサス社が提供している人工子宮で負担なく子供を持つことができるという。植物学者の夫アルビーに相談なくペガサス社を見学してしまい、喧嘩してしまうこともあったがふたりは人工子宮で子作りを始めた。順調に生育していくが、やがてふたりの考えの違いやペガサス社の方針など小さな軋轢も起きていく。果たして、出産まで至るのか。

・・・

 こちらでは2024年2月公開となりました。

 技術的にはいっさい課題のない完璧な人工子宮です。科学技術こそが人類の未来を救うと信じる私ですのでたいへん満足のいくお話です。ところが、そう簡単にはいかないのですね。

 親たちの精神面が科学技術に追いついていません。しかも政治やペガサス社の思惑があまりよろしくないのです。スウェーデンから見学に来た夫妻がペガサス社の暗部にツッコミを入れていましたが、作中のアメリカ合衆国は、なんと、教育予算がゼロであり教育は民間任せだというのです。なんでもかんでも民間に任せてしまう国といえば日本ですが、未来の米国は日本みたいに民間任せになってしまうというのですか。

 妊娠や教育の問題を垣間見る良い作品だと思います。

映画「マッチング」鑑賞感想

ポスター画像

2024年2月公開

監督、原作、脚本:内田英治

脚本:宍戸英紀

・・・

あらすじ:結婚式場のスタッフである輪花は同僚からマッチングアプリを勧められ、すぐに男と会うことになった。その男は黒ずくめの衣装で変なことばかり言う。一方で結婚式場がマッチングアプリと提携し、アプリ製作会社との交流が生まれた。その会社のプログラマーである影山にマッチングアプリで出会った男の相談をしながら親密になっていった。だが、黒ずくめの男は執拗に追ってくるのだった。さらに、アプリで出会って輪花の式場で結婚式を挙げた男女が次々と惨殺されていくのだった。輪花の周囲で何が進行しているのか。

・・・

 惜しい。

 もっと面白くなりそうなのですが、観ている私の想定内で事態が進んでいきます。意外なことはありません。どちらがどちらなのかな、というのは少し迷うところではあります。

 惨殺死体がかなりの血みどろなので苦手な方はご注意ください。

 輪花がとことん不幸ですが、もっと不幸な方が最後の最後に登場してしまいますね。

映画「コヴェナント 約束の救出」鑑賞感想

ポスター画像

2024年2月日本公開

監督:ガイ・リッチー

脚本:ガイ・リッチー、アイバン・アトキンソン、マーン・デイビス

・・・

あらすじ:2018年、アフガニスタンタリバンの爆弾工場を捜索する部隊を率いる曹長ジョン・キンリーは新たな通訳アーメッドを雇った。爆弾工場を発見したものの、タリバンの部隊に襲撃されてキンリーとアーメッド以外が殺害されてしまった。逃げ出したふたりはタリバンの追撃を交わしきれずにキンリーが重傷を負った。アーメッドは米軍基地までの120キロ、キンリーを手押し車などに乗せてタリバンの監視を避けつつひたすら歩いた。救われたキンリーは帰国したが、アーメッドは現地でタリバンの追撃を逃れ続けていると知った。なんとか救い出せないものかと奮闘するのだが、果たして。

・・・

 アーメッドがそこまでがんばった理由が弱いかなと思うのですが、いかがでしょうか。米軍に協力した者には米国へ移住できるビザを手に入れられるのですが、それだけのために命を懸けられるのでしょうか。キンリーを引っ張って120キロという長距離を歩くのです。

 ガイ・リッチー監督だからなのか、往年のアクション俳優が主役の映画みたいにキンリーとアーメッドの撃つ弾がタリバン兵に確実に当たります。タリバン側の弾は当たりません。

 それ以外は壮絶でございます。

 アメリカがめちゃくちゃにしたアフガン、タリバンを捜索する米軍の横柄な態度、彼の国はめちゃくちゃにしたままアフガンから撤退しました。その後アフガンはタリバンに奪還されてしまいました。あーあ、アメリカさん。ベトナムで学習していないのですか、アメリカさん。

 アフガンは昔は豊かな国だったのですがね。荒廃させたのはソ連にも責任がありますけど。ひどい話でございます。

映画「犯罪都市 NO WAY OUT」鑑賞感想

ポスター画像

2024年2月日本公開

監督:イ・サンヨン

脚本:キム・ミンソン、イ・サンヨン、マ・ドンソク、イェ・ドンウ

・・・

あらすじ:7年前のベトナムで凶悪犯を検挙したマ・ソクトはソウル広域捜査隊へ異動していた。転落死事件を調べていると新型薬物の流通と日本のヤクザへつながっていくのだった。そのヤクザから薬物を盗んで横流ししている人物も浮上していく。日本から殺し屋が来て、マ・ソクトの捜査は激しさを増していく。

・・・

 ソクト兄貴も今回ばかりはさすがに危なかったですね。少々ヒヤッとしました。

 ただ、終わってみると悪党を検挙して愉快痛快でした。

 ひたすら殴る殴る殴る。回転ベッドで頭を抱える。そして殴る殴る殴る。

 殴って殴って、殴ります。おなかはやめてください。

映画「マダム・ウェブ」(吹替)鑑賞感想

ポスター画像

2024年2月日本公開

監督:S・J・クラークソン

脚本:クレア・パーカー、S・J・クラークソン

原案:ケレム・サンガ

・・・

あらすじ:ニューヨークで救命士として活躍するキャシー・ウェブは事故現場で生死の境をさまよった。それがきっかけでキャシーは未来予知をできるようになった。男が3人の少女を襲う未来を見たキャシーは3人を連れて逃げ出すのだが、それ以来誘拐犯として追われる立場になった。3人はなぜ襲われるのか。キャシーは3人を救うことができるのか。

・・・

 米国での評判がたいへん悪いという話は聴いております。評判の内容は確かめずに鑑賞しました。観たあとの感想としては、「なんだか面白そう」です。ただ、酷評されてもしょうがない箇所が多々あります。

 まず、タクシー運転手とヘリコプター搭乗員がかわいそうです。後半の救急車に乗っていた救命士もかわいそうです。よくわからん点もありまして、ペプシコーラの倉庫になぜ大量の火薬があるのでしょうか。ヴィランが金持ちになった経緯も語られません。誘拐犯扱いのキャシーがペルーへ短時間であっさり渡航できたのはなぜですか。キャシーが誘拐犯だよというニュースはないとはいえ、キャシーは堂々と行動しすぎです。

 他にもいろいろあります。ヴィランは車にぶつけられてもピンピンしているのに最期そんなことで死んじゃうんですか!?

 3人の少女もヴィランもどいつもこいつも頭悪いです。

 猫に牛乳を飲ませてはいけません。

 116分のうち最後の30分で急激に悪い点が増えた印象です。

 スパイダーマン作品の小ネタがちらほらありますのでそういうところに気づくと「キャッキャ!」とはなりますが、それだけのために映画館へ行くのはバカバカしいですな。

 冒頭で気になったのは、ニューヨークでは救急車に道を譲る車や歩行者がいないという点です。おらが町でも救急車に道を譲る車が少ないですけど。私はユタ州などへ行ったことがあるのですが、交通マナーはかなり良かったです。ニューヨークはまた違うのかなー。

 絶対面白くできそうなのに、製作陣はアイデアを出せなかったのでしょうねえ。

神奈川までラーメンを食べに行った奴の後日 その2

↑神奈川の帰りに静岡でまぐろ。

↑まぐろ。

↑まぐろのいろいろな部分。

↑まぐろをにぎった。

↑静岡のコンビニで見つけた謎のポテチ。謎の味でした。

名古屋駅新幹線ホームのきしめん

きしめんは平たいうどん。

↑大阪でもラーメン。

神奈川までラーメンを食べに行った奴の後日

↑神奈川県藤沢市藤沢駅から歩いてすぐのお店です。すんげえうまいです。そんなに長い時間並ばなくていいし、価格も普通だし、かなり満足度高いです。正直申し上げて、激しい予約争奪戦に勝利して都心から離れたところまで食べに行ったラーメンよりも満足度が高いです。

↑鎌倉でケーキ。

↑ガトーショコラもいただいちゃいました。

↑こちらのガトーショコラはあたためてもらいました。冷たいガトーショコラとは別物になったけど超うまいです。鎌倉はうまいぞ。