やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

水樹奈々ライブに行ってきた(松山)

 このブログでは今年に入ってから映画の感想ばかりになっていますが、もともと旅日記中心でした。水樹奈々ファンですから、遠征して旅先で遊んだりしています。
 今回は6月25日、松山でのライブに参加してきました。ネットでセットリストを見ることもなく、事前の情報が皆無の状態でライブ参加です。徳島の自宅から車でブイーンと。途中新居浜に寄って、市民文化センターを見学しましたよ。1時間以上トイレを我慢していたので市民文化センターで膀胱が破れそうでした。水樹奈々関連の何かがないものかとちょっと探しましたが何もなかったです。
 車を転がして、松山市内に入ったところでめちゃくちゃ緊張してきました。ライブの前はいつも緊張してしまいます。なぜでしょうね。2010年のLIVE ACADEMY横浜アリーナ以来というのも緊張した原因でしょうかね。
 16時30分、松山市街の三番町という飲食店街近くの駐車場に停めました。そこが1時間100円で安かったですから。車内で下半身だけジャージに着替えて、駐車場から歩いて愛媛県民文化会館へ。近づくにつれてライブTシャツを着た人たちが増えてきましたよ。路面電車はライブの観客で混雑していました。
 朝から何も食べていなかったので腹が減りました。ちょうどスーパーマーケットがあったのでパンを買おうと入店したらやはりTシャツを着た人々がいました。目を合わせないようにしました。パンを買ったはいいものの、緊張しすぎてのどを通らないという状況に。
 愛媛県民文化会館に着くと、駐車場には痛車や近隣県、関東のナンバーが並んでいました。皆様、ご苦労さまです。フェイトのコスやDISCOTHEQUEのPVの衣装を着た少女がいたり。女性が増えましたねえ。後にPV衣装の少女が奇跡を起こす……。
 会場内は5階まである構造なんですね。私は1階でしたが。まったく落ち着かないところで、場内が暗転、みなぎってきた!!!
 まずはOP映像でウオオオとなって、1曲目SCARLET KNIGHTでやっぱこれで始まるんですねとなって、2曲目ETERNAL BLAZEで私のスイッチが入りました。腕を振り上げてウオウオ叫びましたよ。ちなみに私は手に何も持ってなかったです。これだけで私が誰なのか特定されそうですが。
「帰ってきたぜ! 愛媛ええええええ!!」
 我々は「おかえり」と返しましたけど、私は愛媛じゃないよwおかえりと言える立場ではないです。
 今回のライブで気になったのは、ドラムが2人になったこととチームヨーダが4人だったことですなあ。会場が小さいからチームヨーダが4人だったのでしょうかね。私の記憶では5人か6人なのです。でも、驚いたのはドラムのゆたぽんが松山を最後に抜けるとのことで。何があったのでしょう。
 チームヨーダ紹介のときまーちんが4人目の子だけ「かわいいね」と言っていましたが、ほかの3人はそれでよろしいのでしょうか。あれは気になりました。
 ライブの内容をメモしようと思って、メモ帳とペンを用意していましたが、そのことをすっかり忘れていました。メモ帳とペンを持って必死にメモしている人が見えたのですが「おおすごいなあ」と思って見ていただけで、自分も持っていることに気づかなかったのです。
 恋の抑止力からの衣装で、私はほとんど動いていなかったと思います。なぜなら、奈々さんの絶対領域を凝視していたから。
 10月15日でしたっけ、新居浜太鼓祭りの前日に開催される「アカガネ マリンミュージックフェスティバル」に出演が決定だそうです。わっしょいわっしょい! 行くしかないだろ普通。
 新曲初披露の純潔パラドックスでは、私はえ?え?え?となりました。新曲だということが理解できず、「これ聴いたことないんだけど」と一人混乱していました。だって、会場内はどいつもこいつも普通に知っている歌であるかのごとくサイリウムを振って乗っているのですよ。みんなすごいね。でも、これは良い歌でした。発売が楽しみですな。
 Heaven Knowsが来たときはちょっと感動しました。行きの車の中でこれを聴いていたとき「まさか今日来ないよな」と思っていたので。
 これで終わりというときはショボーンとなります。いつものことですが。シャッスと叫ぶときの寂しさときたら、ないね。
 そして、いつものおみやげ投げこみですが。いよかん君という愛媛らしいゆるキャラが今回のおみやげでした。伊予柑はおいしいよ。さて、そのいよかん君は7個用意されまして、7個目を受け取ったのがまさかのDISCOTHEQUEのPVの衣装を着た少女だったんですよ。たぶん、10歳に満たないと思うのですが。だから、会場内はオオーッとなりました。いやあ、あれはよかった。あんな子が受け取ってくれたら私も本望でござる。
 それにしてもやっぱりホールはいいです。アリーナだとよほどの良席でない限り、水樹奈々が米粒になってしまいますから。でもなあ、ホールはチケット入手困難ですよ。今回の愛媛公演も運良く当たっただけです。
 ライブが終わって、帰りたくないよと思いながら松山市の一番町方面へ歩いていきました。ほかにもライブ帰りの人々が歩いていたり、路面電車は混雑していたり、水樹奈々の曲を流す車がいたり。
 飯の食えそうな、うまそうな飯屋を一番町〜三番町付近で事前に調べていました。するとことごとく満席です。だから空いてそうな居酒屋に入りました。もちろん、車なので酒は無し。そしたら、なんと後から1人のライブTシャツを着た方が入ってきたではありませんか。こちらも1人なので声をかけさせていただきました。いっしょの机に座らせてもらいましたよ。
 2時間半くらい飲み食いしてしゃべらせていただきました。あまり詳しい素性は明かしたらだめだと思いますが、関東からいらっしゃったそうで。いやはや、ファンはすげえな。松山まで来るのですから。ロザパンの頃からファンになったということでFORMULAからファンになった私よりも浅いそうですが、熱量はこちらの方のほうが勝ってますな。ファンクラブの会員番号を聞きましたが、今そんなにファンが増えてるんですか! もう本当にたいへんだこりゃ。チケットの競争率が半端ないですね。それにしても楽しかったですよ。本当にありがとうございました。
 ライブはやっぱり楽しいな。