やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画鑑賞感想/ハンナ/テロ、ライブ/モリーズ・ゲーム

ハンナ

2011年 監督:ジョー・ライト

 旅行してる家族のガキがウゼえし、正体バレたあとは係わってこないし、何ですか、あいつは。てっきりあのガキを助けに行くお話が始まるのかなと思いきや放置でした。ところで、ハンナが囚われていた施設は実は砂漠の地下でした、しかもモロッコでしたというのは少々やりすぎです。

・・・

テロ、ライブ

2013年 監督:キム・ビョンウ

 どうなるのか読めないのでぜひご覧ください。緊張感がたまりません。争点が徐々に変わっていくのは見どころです。日本がリメイクしてクソ映画になってしまいそうな作品です。大量の爆薬をどこで入手したのか、イヤホンをどうやって耳につけさせたのか、気になる部分はあるけど面白いからヨシ! ちなみに、韓国の平均年収は映画公開当時でも500万円近くあったみたいなので劇中の亡くなった労働者3人分の死亡補償21億ウォン(円換算2000万円)という数字はあまりにも少ないのではないかと思います。

・・・

モリーズ・ゲーム

2017年 監督:アーロン・ソーキン

 こんな人生が本当にあるとは、信じがたいのですが、ノンフィクションらしいので信じるしかありません。人間というのはどこで転ぶかわかりませんね。この映画の場合、モリーは何度も転んだと思います。モーグルといえば長野五輪ではけっこう流行ったと思います。