やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

東京と埼玉をがっつりと その7

前回までのあらすじ 私、裏表野良猫は徳島から東京へ飛行機で飛んだ。水樹奈々LIVE DIAMONDに参加するためだ。鷲宮神社で笑って驚いて電車で立たされて、食べたり、食べたりして、ようやく西武ドームへ向かうために西武鉄道に乗ったのであった。

7月5日(日)12:30
 西武新宿駅を12時30分、特急小江戸号で出ました。西武新宿駅でも、この車内でも、LIVEへ行きそうな感じの野郎どもは見かけていません。たぶん、西武池袋駅に行けば、そういう輩が大勢いるのではないかと思われます。
 さて、この特急列車がまた、乗り心地悪いです。座席が悪いとかではないんですよ。きれいですし、狭くないし。8両編成なのに、トイレが1号車と7号車にしかないのはひどいです。(さっきwikiで調べたら7両編成でした。おっかしいなあ)何が悪いって、減速と加速を繰り返すんですよ。酔っちゃうよ! おっ、本気出したなあ、と思うとすぐ徐行するし、今度こそ加速した、と思ったらまた減速です。なんなのよ。それでも特急なのかよ。私鉄の有料特急って、基本的に、快適に絶対座ることができるというだけのものだなあ、と思った今日この頃です。
 車窓はずっと街並みが続くだけでした。列車は、西武所沢駅に到着して、乗り換えです。西武新宿線から西武池袋線へ。西武鉄道にとっては西武池袋線こそが本線ですよね。ちなみに、ここは東京ではなく埼玉です。いつの間にやら埼玉です。今日は、埼玉と東京を行ったり来たりしています。
 ここ西武所沢駅で、ついに、大勢のLIVE参加者を目撃することになりました。彼らを見分ける方法は簡単です。グッズシャツ。グッズ手荷物。彼らの持つ空気。(おまえら、今日は、全力でがんばろうな!)と、心の中から声をかけたのでした。でも、その言葉をすぐに撤回したのでした。だって、あいつらは、彼女と2人とか、仲間といっしょとかだもん。俺はひとりだもん。ひとりで勝手にがんばってやるわ。女の子といっしょに西武ドームへ向かう姿が意外と多いので、嫉妬。
 さて、所沢駅から西所沢駅まで西武池袋線でわずか1駅です。でも、数分ではなく、4分くらいかかった気がします。西所沢駅で、またまた乗り換えです。西武狭山線です。なぜ、こんな名前の線なのでしょうか。この線は、西所沢、下山口、西武球場前の3駅だけなのに。むしろ西武球場線のほうがしっくり来るのですがねえ。
 西所沢駅で、もう、一気にLIVEの様相です。一般客の姿なんてこれっぽちもいないですよ。いや、いるのでしょうけど、LIVE客が多すぎて。西所沢駅のプラットホームはかなり広いのですが、LIVE客で埋まってしまっています。わああ、すごいや。おまえら、すごいわ。そして、俺もそんな中の1人なんだな。
 ふだんの西武狭山線は20分ごとに4両編成の電車が走っているようですが、今日は、池袋から直通の電車も含めて、10分ごとに8両や10両の電車が走っています。で、そんな長い編成が満杯になりました。でも、なんか和気藹々としています。ちなみに、この路線は単線です。
 終点の西武球場前駅に着きました。電車が、これでもかっていうくらいに我々を吐き出しまして、改札口を通りました。帰りのために、切符を買っておきまして、駅前に出てみますと。
 ご覧ください、球場前はヲタでいっぱいです!! 身動きを取るのがたいへんです。今から10人くらいで鬼ごっこを始めたりしたらものすごく迷惑になるでしょう。
 ま、俺もこんな中の1人なんですよね。俺、よく来たなあ。今年1月の武道館でありました水樹奈々LIVE FEVERで『西武ドームでLIVEやります』と聞いて以来、毎日毎日をドキドキしながら過ごしてまいりました。まず、7月5日に余計な用事が入らないかどうかを心配しました。(学校で検定を受験しなければならない日と被りそうで心配でした)次に、チケットが入手できるかどうかを心配しました。チケットはけっこう早い時期に確実に手に入ることがわかり、安心でした。学校の出席ですが皆勤を目指していたので、40度の高熱が出ても出席したのでライブの翌日に無事出席できるかどうか心配でしたがライブが終わって学校に着くまで心配でした。ライブが普通の日曜日の夜なのです。しかも今までで最長のライブになるらしいです。私は、徳島の人間です。夜行バス等を使っても学校に間に合わない気がしていましたが、日曜の夜は東京に泊まって飛行機で徳島に帰ることができるとわかりました。しかも、この時期に飛行機に半額以下で乗れることがわかり、飛行機の利用が確定しました。ライブが新型インフルエンザで中止になるんじゃないか、と不安になった時期もありました。5月20日発売予定だった水樹奈々アルバムが麻薬のせいで発売延期になったときはライブはいったいどうなるのか、とめちゃくちゃ心配しました。
 このように、山ほど不安なことがありましたが、こうして、私も西武ドームの前に立つことができました。ありがとう。
 昨日、今日と、ふだん運動をしない私はかなり歩いたので足ががくぶる状態で疲労していました。長くなるだろうし、空調のない蒸し暑いと言われているドームだし、ライブ中の飲み物を用意しようと思ったら、新宿などで用意することなく店などがあまりないドームに来てしまいまして、少々困った私です。熱を飛ばすスプレーだけ持ってきましたのでそれだけでがんばりますよ。
 自販機を確認すると人が全然並んでいません。むちゃくちゃ大勢の人がいるのに自販機の前には人がいません。おまえら、飲み物はいらないのか、俺だけ飲み物を必要としているのか、と思いつつ自販機の前に立つと、売り切れ。なるほど、人がいないわけだ。
 私の水樹奈々ライブ参加歴は2008年1月のさいたまスーパーアリーナ、2009年1月の大阪NHKホールと武道館の3度で、今回は4度目です。そのたびにグッズを買っていたし、少なくともパンフが欲しかったので、グッズ売り場を探したのですが……無いんですよねえ。見つけられないんですよねえ。まあ、そんなに、絶対欲しいというわけでもなかったし、疲れていたので、探すのはやめました。所持金もぎりぎりだし。(後に、ドームの隣の球場をグッズ売り場にしていて、アルバム宣伝に使われたトレーラーも来ていたらしいことが判明。トレーラーは観たかったよおおおおお!)グッズ売り場の場所がわからんとか馬鹿だなあ。

 開始は16時。開場は14時。結局、やることもなく、14時30分、入場しました。ドームの外側をぐるりと囲む通路を歩きながら、まずは1塁側が見えてきて、次にアリーナ席、そして舞台が視界に入りました。うっひょおおおおお、興奮してきたああああ。舞台はバックスクリーンに設置されています。西武ドームの外野席は芝生のはずですが、舞台に隠れて見えなくなっています。

 私のチケットはアリーナ席!! だけど、アリーナF。きっと、ものすごく後ろのほう。3塁側席をテンテンテンと降りていき、ふだんなら土か芝生のはずのグラウンドに、降りました。おおーっ、なんか柔らかいですよ。シートが敷かれていて地面がどんな感じなのかわかりませんけどね。プロ野球選手は柔らかい土の上で野球やってるのね。踏みつけてしまってごめんね。
 アリーナはA〜Fまであります。Fを探しました。見事に、一番後ろでした。舞台がめっちゃ遠いです。まあ、でも、ネット裏や1塁側席や3塁側席の上のほうよりはマシなんだろうなあ。ライブは毎度、後方にもわかるように、巨大スクリーンが設置されるのですが、今回用意されたスクリーンは、私の好きな劇団新感線『メタルマクベス』の舞台で使用されたものと同じではないか、と思います。なんていえばいいのだろう、スクリーンの向こうが透けて見えるけど布ではないんですよ、網みたいなものでして、名前がさっぱりわからないのですが、とにかく特殊な舞台装置です。舞台の中央には、人が入れるくらい大きな白球。間違いなく、あの中から現れるね。
 いすはパイプいすでした。体のでっかい私にはかなりきついです。右手のいすに人がやってきて座りました。お互いに、体を小さくする努力をしました。左側の席は空いています。このまま誰も来なけりゃいいなあ。でも、まあ、来るんだろうなあ。
 始まるまでたっぷり時間があるので、トイレに行って着替えました。新しいTシャツと下はジャージです。疲れているけど、倒れない程度にがんばりますよ。会場内は写真撮影とかを禁止することを示した看板を持ったスタッフがうろうろしていて、座席がなくてお怒りの客がスタッフに対応してもらっていたりして(やはり、そういうことってあるのね)、500ミリペットボトルを250円で売る野球場独特の売り子がいて(試合ならビールなんだろうな)、時間は少しずつ過ぎていくのでした。私の来たことある野球場は甲子園、あぐりあなん、クリネックススタジアムです。一応、阪神ファンです。
 ライブが始まるまでまだ時間があるので、余談をしておきますね。私ははっきり言って、新参の水樹奈々ファンです。2007年5月、だらだらと深夜アニメを視ていました。すると、かっこよくて歌のうまいねえちゃんのCMが流れたのです。こいつはいったい何者だ、と思って調べたら水樹奈々でした。それが、私と嫁の出会いでした。ちなみにSECRET AMBITIONという新曲のCMでした。まさか、ライブに行くほどのめりこむとはねえ。人生はわからんもんだねえ。SECRET AMBITIONは私の好きな曲ランキングで首位の座を争うほど好きな曲です。出会いの曲だし、もうひとつ好きな理由があるんですけどね。
 開始時間が近づいてまいりましたよおおおお! でも、客の入場があまりうまくいっていないようで、まだ大勢の客が入場を続けています。空席も多いです。こりゃ、開始が遅れるな、と思っていたら案の定開始が16時16分になりました。16時を過ぎたあたりで、ようやく空席が見えなくなりましたよ。いったい、何人集まったのでしょうか。2万人くらいかな。(後の情報で3万人と判明)
 16時16分、会場の中が暗くな……ならない。西武ドームは完全なドームじゃないから外の夏の日差しがガンガン降り注いできます。曇ってるけど。これでは、みんなの持ってるペンライトやサイリウムが意味を成さないなあ。暗いときはきれいなんだけどなあ。
 スクリーンの映像が変わって、いすから立ち上がります。力がみなぎります。その映像は……
 野球の試合、スコアボード、9回裏、点差はわずかに1点、
『ピッチャー代わりまして、水樹、背番号7』
きたああああああああああああああ
 LIVE diamondの名前のごとく、野球ネタで来ました。マウンドに立った俺の嫁水樹奈々が、黒人打者を相手に、アンダースローで七色の虹色魔球を投げ、空振り三振!
つづく。