やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画「キャラクター」鑑賞感想

ポスター画像

2021年6月公開

監督:永井聡

原案:長崎尚志

脚本:長崎尚志、川原杏奈、永井聡

・・・

あらすじ:漫画家として売れることを夢見る山城圭吾は作品のキャラの薄さからまったく受け入れられず夢破れた。アシスタント生活の最終日、幸せな一家の住んでいそうな住居をスケッチすることになった山城は凄惨な一家殺害事件に出くわしてしまう。犯人を目撃した彼はそれを自分の作品に生かしてしまう。1年後、彼の作品は爆発的にヒットしたものの、神奈川県警の清田刑事が作品と事件が酷似していることに気づく。その後も作品と酷似した事件が続き、殺人犯の両角が山城に接触する。果たして、山城と両角の運命は。

・・・

 またまた神奈川県警かよ! なぜ山城を警護しないのか! 神奈川県警はあらゆる映画で無能ぶりを発揮しすぎです。

 刺身包丁を使って殺害している場面が作中にありました。刺身包丁を凶器に選択することについて興味深いお話があります。2000年の暮れに発生した世田谷一家殺害事件においては刺身包丁が凶器に使用されているようですが、某料理人が刺身包丁は殺害に向かないとおっしゃっています。というのも、まっすぐ突き立てると簡単に刃が折れるのだそうです。しかもですね、柄と刃の間に鍔のようなものがないので相手に突き立てた場合自分の手も負傷しやすいのだそうです。実際に世田谷一家殺害事件で発見された刺身包丁も折れていました。さらに、現場では犯人の血が大量に発見されています。

 というわけでですね、刺身包丁は凶器に向いていません。これ、豆知識ですが、絶対に真似をしないようにお願いいたします。殺人はダメゼッタイ。

 この映画は私の一方的な思い込みで、映画「ミュージアム」の続編ということにしていたのですが、全然違いました。無関係です。

 小栗旬って何を演じても小栗旬のような気がするのですが、まあ、私の気のせいでしょう。演技のことはよくわかりません。

 だけど、山城と両角のキャラはなかなか良い感じです。