やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

映画「死霊館 悪魔のせいなら、無罪。」鑑賞感想

ポスター画像

2021年10月日本公開

監督:マイケルチャベス

脚本:デビッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリック

・・・

あらすじ:1981年、家主を22回も刺して殺害したアーニーは悪魔のせいで殺害したとして無罪を主張した。その無罪を証明するためウォーレン夫妻が事件を調査した。次第に呪いの正体が明らかになっていく。

・・・

 日本でもAさんを呪ったとしてBさんが警察に逮捕されて裁判で有罪判決となった事件が実際にありました。この事件の場合、Bさんはわら人形を使ってAさんを呪っていました。そのことはAさんの周囲にも知られていました。そのせいでAさんは精神を病んだのです。その結果、Bさんによる呪いは脅迫罪となったのでした。

 このケースは、Aさんの周囲がBさんの呪いを知っていてAさんに教えてしまったという点が重要です。人伝に脅迫したことを警察は立証したのでした。

 もしもBさんが呪っていることを秘密にできていれば事件の立証はできなかったどころか、Aさんが病むこともなかったでしょう。

 というわけで、今回の死霊館の場合、立証が非常に困難です。家主を殺した件は覆す方法がいっさいない事実です。それを悪魔のせいにできるのか? どう考えても無理でしょう。

 作中での事件の行方と裁判の結果がどうなったのか、ご覧になって確かめてみてください。

 さて、このホラー映画が恐いかどうかについてですが、大きな音と急な出現でびっくりさせるものばかりです。なので、最初の10分くらいは開始早々なのでびっくりしますが、同じようなことを繰り返すので慣れてしまいます。グロさは少しあります。

 とあるデブが襲ってくる場面は、笑ってしまいました。何しろ、二度も襲ってくるのですから。

 それよりも、無罪を証明するためにウォーレン夫妻が謎解きする場面を楽しむべき作品でした。

 Blondieという歌手のcall meという曲が流れる場面は最高です。こんな場面でこの曲を使うのかよ!