やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

北陸の鉄道駅下車 その7(全9回)

f:id:uraomotenoraneko:20200908100307j:plain

↑中土駅ののりばから見えました。「ゆっくりいこう」じゃなくて「ゆっくりゆこう」なんですね。

f:id:uraomotenoraneko:20200908104125j:plain

↑小滝駅。新潟県側です。

f:id:uraomotenoraneko:20200908112216j:plain

↑北小谷駅。地獄の駅でした。

 近くは崖でして、そこにコンクリで整備された川がありました。その川の近くにカバンを置いてしばらくのんびりしていました。すると、何かうごめくものが……へびです。ぎゃあああああ! となりました。カバンを持つ余裕もなく駅舎のほうへ逃げました。でも、カバンをそのまま置いていくわけにもいかず、へびの動きを注視しつつカバンを手に取ることができたら一目散に駅舎の中へ飛び込みました。

 そのあとトイレへ行きたくなったので駅舎の周りをうろうろしていたら今度はトカゲが出てきましたね。またしてもぎゃああああ! となりました。半泣きになりながら全力で尿意を我慢して駅舎の中に逃げ込みました。20分くらい我慢して、トイレを探したのですが、トイレないじゃん、この駅。列車のトイレまで我慢し続けるしかないじゃん。地獄じゃん。

 山の中の駅ですから、そういう恐怖があるわけですね。この世から爬虫類が絶滅することを強く望みます。

 さて、前回のブログ「北陸の鉄道駅下車 その6」で謎の男性について言及しました。その男性については大した話でもないのですがもったいぶってしまいました。

 まず、私がこの男性の存在に気づいたのは中土駅を降りるときでした。ワンマン列車なので運転士に切符を見せて下車するシステムなのですが、その男性はスマホの裏を運転士に見せていました。いったい何を見せたんだと気になりつつ、私は18きっぷを運転士に見せて下車しました。その日初めて18切符を見せたので押印のない状態でしたので、運転士が私の18切符にサインして印鑑を押した形になりました。こんなの初めてだなあと思いつつ、列車を下りたらさっきの男性がまだ列車の外すぐそばにいたのです。何やら独り言をしゃべりながらスマホをいろんなほうに向けていました。

 どうやら動画を撮影しているようでした。

 私の姿を撮りたくないらしく、私のほうへは絶対カメラを向けてきませんでした。私も撮られたくないですね。こそこそ駅舎を撮って、すぐにのりばへ戻りました。

 その後、中土駅から糸魚川へ向かう列車が来る時間になると、さっきの男性も動画撮影を続けつつのりばへやってきました。

 このとき私はあることに気づきました。「この男、バスに乗ってたよね」と。バスが糸魚川駅前を発車したとき私以外の乗客は女性一人だけでした。その後、糸魚川の市街地へこの男性が乗ってきたのです。姫川駅前の停留所では私と、偶然女性もいっしょに下りましたので、その後のバスはさっきの男性一人だけを乗せて姫川駅前を発車しました。

 あとで、もうひとつ思ったのですが、彼は糸魚川市内の停留所から乗ってきたわけですが、おそらくあのホテルに泊まっていてそのホテルから停留所までやってきたのだろうなあ、と。私は糸魚川市内での宿泊についても少し考えていたとき駅から離れたホテルに目をつけていました。おそらくそのホテルに彼がいたのだと思われます。

 私が姫川駅から列車に乗りまして、次の駅である頸城大野駅からこの男性が乗ってきたのです。もうひとつ思い出しました。この男性が頸城大野駅で乗ってきたとき私の顔を見て驚いたのか二度見していたのです。そうそう、そうでした。

 さて、中土駅を出た列車は私とおそらくyoutuberの男性を乗せて糸魚川方面へ走っていきました。

 上記の小滝駅で私とその男性も下りまして、またしてもその男性はスマホの裏を運転士に見せていました。そのとき私は注視したのですが、18切符をスマホのケースに入れていて、それを見せているようでした。なるほど、そういうことか。

 小滝駅でも男性は撮影していました。駅がどんな感じなのかをしゃべっている様子です。小滝駅のすぐ近くでは大規模な工事をやっていました。映画にもなったあの前田建設の名前があります。どうやら発電所を建設しているようです。作業着を来た女性が現場から下りてきて事務所みたいなところへ入っていくのを私は眺めていました。

 小滝駅から南小谷方面の列車に乗りました。もちろんyoutuber男性もいっしょです。そして、やっぱり北小谷駅でいっしょに下りました。

 さて、私が北小谷駅で一人勝手にぎゃあぎゃあ騒いでいたことを男性は知りません。なぜなら、その男性は北小谷駅で下りるとすぐに離れていったのです。

 北小谷駅から少し離れたところに国道の道の駅があるのです。さらに、道の駅とは別に温泉もあります。そのどちらかへ向かっていったと思われます。その答えはこのあと出ました。

 ところで、この男性のことを詳しく書いていますが、大丈夫でしょうか。

 私は、北小谷駅の近くに温泉や道の駅があったことは知っていたのですが、歩くのがだるいのでずっと駅にいました。

 さて、北小谷駅に糸魚川方面の列車がやってきました。でも、男性は駅へ現れませんでした。私はひとりで列車に乗りました。

f:id:uraomotenoraneko:20200908125754j:plain

頸城大野駅。あの男性はこの駅から乗ってきたのでした。

f:id:uraomotenoraneko:20200908140405j:plain

↑平岩駅。大糸線駅の中で新潟県最南端です。

f:id:uraomotenoraneko:20200908140844j:plain

↑平岩駅から歩いてすぐ。源泉かけ流しの熱湯風呂です。とてもいいお湯ですので皆さん、ぜひいらっしゃいませ。熱いけど。ゆっくりさせていただきました。

f:id:uraomotenoraneko:20200908152718j:plain

↑平岩駅から列車に乗ってやってきた根知駅。これにて大糸線JR西日本区間全駅下車です。

 平岩駅からこの根知駅へ向かう列車に乗ったとき、あの男性の姿を列車内に見つけました。服が変わっていたのですぐには気づきませんでした。でも、この根知駅でいっしょに下りてきて撮影していました。

 この男性が服を着替えていたということは、北小谷駅近くの温泉でゆっくりしていたのでしょう。この男性もどうやら全駅下車をやっているものと思われます。なぜなら、撮影しながら「どうやらこの男性も全駅下車をやっているようです」という声が聞こえたからです。私のことをちゃんとそのように認識していたわけですね。

 その根知駅で私と男性は下りて、また乗って、糸魚川へ戻ってきたのでした。糸魚川駅でyoutuber男性の姿は消えていきました。私は彼の行先を少し気にしていましたが、新幹線改札口のあたりをうろうろしていてそのあと改札口を通過せずに姿を消しました。東京からやってきたのでしょうかね。東京方面の新幹線発車までまだ時間があるので駅の外へ出たのでしょうか。

 さて、私も富山方面の新幹線まで時間があったので、糸魚川からときめき鉄道で梶屋敷駅へやってきました。梶屋敷駅からまた糸魚川に戻ってきて、新幹線はくたか号で黒部宇奈月温泉駅を目指しました。

f:id:uraomotenoraneko:20200908155549j:plain

梶屋敷駅

 次回、再び富山県へ。