やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

大阪兵庫たべあるき2018年2月編


↑徳島を朝3時30分に出て師匠を拾い、雪の中やってきたのは大阪の福はらさんです。この日は、開店間もないのに有名店となった福はらさんとワンオペの鬼であり名店のThis is なかがわさんのコラボです。
 ラーメンの名は「泡姫
 もはや笑うしかありません。

↑そしてこちらがその「泡姫」さんですね。泡は柚子の味がします。はまぐりと鶏の合わせスープもチャーシューも何もかも極上泡姫のごとく私を魅了しました。

↑しかもローストビーフ丼まで。もう完璧ですね。

↑福はらさんを後にして、次に目指すは、迷いました。決めたのはこちら、尼崎のぶたのほしさんです。無鉄砲店長だった方が新たに開いたお店ということで、うーん、ちょっと期待できないかもなあと思いました。スープの作り方も何やらテキトーですし。
 ただ、開店してからまだ20日しか経っていないのに行列が長すぎます。こんなわずかな間になぜこれほど客が来るようになったのでしょうか。
 食べました。なんだこれは、最高じゃないか。スープのバランスが完璧です。うまい! 全然テキトーじゃなかったスープ作りに頭を下げます。

↑中休みに西宮でデザートです。ニッタさんですね。

↑縁を待つ間に縁出身の一芯さんへ。私は二度目なので鶏ではなく醤油にしました。醤油もなかなかのものです。鶏白湯を出す店は少ないので、どうかがんばってください。

↑縁さんで麻辣まぜそばです。我々が縁にお邪魔できるのも残りわずか。なんとしてでも行くしかないわけです。復活を願いつつ、まぜそばの味を自分の舌に刻みます。