やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

北海道青森岩手鉄道攻略 その2

 釜石駅からは、ここだけの話ですが、ちょうどバスのない時間帯なのでタクシー使いました。釜石駅から道の駅やまだまで26キロ、莫大な金額を払いました。道の駅やまだから宮古駅まではバスです。道路はダンプカーだらけですね。
 宮古駅に着いて、三陸鉄道宮古駅とJR宮古駅が別々だということがわからず少し迷って、三陸鉄道に乗りました。2両編成の久慈行です。トンネルばかりで景色はほぼ見えません。白井海岸駅を出てしばらくすると橋があり、そこではしばらく停車して眺めを楽しむことができました。
 久慈駅に着くとリゾートうみねこ号が止まっていて、まさかこれが八戸行普通だとは、ありがとうございます。16時で早くも日が暮れてきました。うちの地域は17時で暗くなるから、日本は広いですなあ。八戸市内線に入ると混雑しました。ただし、私の座っているボックスシートには誰も座ろうとしません。
 そんなこんなで八戸着です。八戸からは新函館北斗まで新幹線に乗ります。盛岡までのはやぶさは320キロを感じさせるかっ飛ばしぶりでしたが、八戸から乗るとやはりいまいちです。新青森に着くとほとんどの客が降りてしまいました。見渡していると他の客も見渡していたので目が合ったり。「これより青函トンネルを通り北海道までご案内いたします」だってさ。真っ暗なのでよくわからないまま北海道に着きました。新函館北斗駅では警備員が配置されており、スーパー北斗はこだてライナーの乗り場を案内しています。

↑盛岡の駅弁です。

釜石線車窓です。秋ですね。紅葉の中の松もきれいな緑です。

↑釜石駅。

↑道の駅やまだ。

三陸鉄道宮古駅。駅舎がJRとは別なんですね。

三陸鉄道車両。

三陸鉄道からの眺め。

久慈駅からはリゾートうみねこ号。

うみねこ車内は畳にざぶとんです。

八戸駅E5系

新函館北斗駅北口。

新函館北斗駅在来線のりば。
つづく。