やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

北陸鉄道攻略 その1

 関東鉄道攻略を予定していたのですが東京までの切符を確保できなかったため北陸へ行くことにしました。
 15日夜、高速バスで大阪へ向かいました。その高速バスがなかなか来ないのです。なんと、私が待っている停留所へ来るまでに渋滞で45分遅れです。もはや絶望的です。
 このとき予定していたのは大阪駅前21時20分到着、新大阪駅こだま22時3分発乗車でした。
 というわけで、私の旅で初めての予定変更せざるをえない事態となりました。
 とりあえず大阪で一夜を明かして朝一番のサンダーバードに乗るしかないかなと考えていました。
 遅れはやや取り戻されて大阪駅前に21時53分到着でした。新大阪へ向かう電車は21時55分発があります。それがダメならもう新大阪発こだまに間に合う電車はありません。
 21時53分……もしかしたら間に合う??? 手元にある切符で改札口を通過して間に合わなかった場合明日朝のサンダーバードのために新たな切符を購入する必要があります。これは厳しい博打でした。その博打をしました。
 全速力で新大阪方面の乗り場へ走ると21時53分発の電車がいるじゃないですか。いつものようにJR京都線は遅れていたのです。
 発車のチャイムが鳴り終わってからの駆け込み乗車となりました。電車が発車、淀川を渡って新大阪駅へ。21時57分ごろ新大阪駅に着いた電車を駆け下りて、22時3分発のこだま号を目指しました。新大阪駅でも全速力です。
 無事こだま号に間に合いました。まさか間に合ってしまうなんて。大阪駅前に高速バスで着いた10分後に新大阪駅を出る新幹線に乗ることができるなんて、ちょっとすごくないですか。どうですか。
 この件のすごさについて、お知り合いの方にはご理解いただけなかったので残念です。
 さて、ふだんまったく運動しない体力ない私はこだま号の中でぜえぜえはあはあとなってしまいました。車掌が(こいつ大丈夫かよ)という目で見てきました。
 体力が回復しないまま米原駅に着いて特急しらさぎに乗換です。しらさぎ車内でもダメージに苦しんでいました。
 ちなみに、大阪と金沢の間の移動ですが、最終のサンダーバードは大阪20時54分発、しらさぎに乗換可能なこだまが新大阪を出るのが22時3分、このことが許せません。朝の金沢発もそうです。サンダーバードよりもしらさぎのほうが金沢を先に出ます。
 もっと遅いサンダーバードの設定があってもいいのではないでしょうか。
 特急しらさぎはどうせガラガラだろうなと思いきやけっこう席が埋まっています。
 予定どおり金沢に着いて、泊まる場所を用意していないので朝初発の電車までどうしようか探しつつ、居酒屋で3時までつぶして、そのあとは市内をぶらぶらしていました。
 初発の七尾線羽咋で途中下車してUFO探しをしたあと七尾からはのと鉄道に乗換です。七尾線はどうせ2両編成程度でガラガラなんだろうなと思いきや3両編成で客もけっこう乗っていました。席はほぼ埋まりました。のと鉄道もそれなりの乗車率です。
 車窓には、海に不思議なやぐらがありました。1つではなく2つ見えました。やぐらの上に人らしき姿がありました。富山湾を向いています。あれは何でしょうか。
 七尾駅からは高速バスわくライナーで新高岡駅へ向かいました。

金沢駅。新幹線が開業して様変わり。

羽咋駅。UFOだらけ。電車もUFO塗装のものがあります。

のと鉄道穴水駅

のと鉄道車両。

七尾駅