やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画「アベンジャーズ」(3D吹替)を観てきた感想(ネタバレ)


あらすじ:
 長官ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャクソン)率いる国際平和維持組織シールドの基地で、世界を破壊する力を持つ四次元キューブの極秘研究が行われていた。
 だが突然、制御不能に陥ったキューブが別世界への扉を開いてしまう。
 そこから現れたのは、神々の国アスガルドを追放され、地球支配を目論むロキ(トム・ヒドルストン)。
 彼は、セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)やシールド最強のエージェント、クリント・バートン(ジェレミー・レナー)を操り、キューブを強奪して姿を消す。
 その野心を知ったフューリーは、最強ヒーローたちによる“アベンジャーズ”結成を決意し、女スパイのナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)やエージェントのフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)とともに、ヒーローたちを招集する。
 70年の眠りから覚めたキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースクリス・エヴァンス)、インドのカルカッタに身を隠していたブルース・バナー(マーク・ラファロ)などが集結。
 キューブの力で異世界の軍隊を地球に呼び込もうとするロキはドイツへ向かうが、ロジャース、ロマノフ、トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)らによって捕えられてしまう。ロキを特殊監房に収容しようとしたところ、姿を現したのは兄のソー(クリス・ヘムズワース)。
 一堂に会したアベンジャーズだったが、意思に関係なく集められた彼らは、チームを組むことを拒否する。
 そこへ、ロキ奪還を狙い、バートン率いる部隊が空飛ぶ母艦ヘリキャリアを急襲。
 爆発の衝撃で我を失ったバナーは、凶暴なハルクに変貌し、暴れ始める。
 混乱に乗じてロキは逃走。
 ソーとバナーも乱戦の果てに姿を消し、アベンジャーズは存続の危機に陥るかと思われたが、この事態がアベンジャーズの絆を強くする結果になった。
 ロキの地球侵略計画によって、マンハッタン上空に次々と姿を現す地球外の軍勢。
 この危機を前に、アベンジャーズは世界を救うことができるのか?

 私は、レーシック手術をしました。
 メガネから解放されました。
 裸眼になって初めての3Dです。
 3Dメガネが快適ですよ。
 今まではメガネの上から3Dメガネをかけていましたから。
 ただ、今回の映画は、3Dの効果がいまいちです。
 奥行もないし、飛び出してくるものもありません。
 2Dで十分です。


 さて、そんな今年最注目作品であるアベンジャーズですが。
 クセのあるヒーローをきれいにまとめたなあ、と思います。
 まとまるなら派手なまとまり方をするだろうなと予想していましたが、意外とこじんまりでした。
 何やら、冒険していない、ハリウッドの大味映画ともちがう、きれいに小さくまとまった映画になっていると思います。


 アクションシーンは良いのですけど、もっと俯瞰がほしいところです。
 人物に近寄りすぎです。
 カメラも落ち着いて、あまり動かずにアクションを見せてほしいです。


 ハルクの暴れっぷりがいいです。特に、ロキをスタークビルでボコボコにする場面。
 頭をつかんで床に何度も叩きつけるのは笑いました。
 ハルクとキャプテンのローテク、ソーの神力、アイアンマンのハイテク、うまくかみ合ったと思います。
 ブラックウィドウホークアイはほかのヒーローに比べたらただの人間です。
 そのために、アベンジャーズの中でどんな動きをするのか心配でした。
 でも、能力なりの活躍を見せてくれたし、ほかの4人のバックアップという感じでした。
 2人はうまいぐあいの縁の下の力持ちですよ。
 

 敵が送り込んだ軍隊ですが。
 母艦が核ミサイルで失われた瞬間、軍隊が力を失いました。
 インデペンデンスデイのような感じですが、あまりよくないですよ。
 パワーを母艦から送られているなんて、自力で行動できていないなんて、だめですよ。
 あと、話が変わりますけど、ブラックウィドウと長官の吹き替えが残念です。米倉涼子竹中直人ですが、本職に任せてもらえないですかね。


 さて、これまでもアイアンマンやマイティソーなどでスタッフロール途中や後でおまけ場面がありました。
 今回もありました。
 続編があるようです。
 敵はどうやらまた軍隊を送り込んできそうですよ。
 敵の親玉はサノスという奴らしいですね。
 あと、スタッフロール後にスターク社長がみんなをおすすめのケバブ屋へ連れていきましたが、まずかったので雰囲気がよろしくないという場面がありました。
 このように、アベンジャーズでは笑える場面が多いです。
 さらにアイアンマン3が来年公開なんですね。
 楽しみです。
 ブラックウィドウが悪として活動していた過去をロキによって明らかにされました。
 さらにブラックウィドウホークアイは何やら因縁があるようです。
 そういうところも、この2人が主人公となる映画をつくってほしいところです。
 ところで、ブラックウィドウはびっくりするくらい従順ではないでしょうか。
 長官の命令にはどんな状況であっても従っているのですが。
 長官に弱みでも握られているのでしょうかね。


 フューリー長官の副官がめっちゃきれいだと思うのですが。
 社長のところのポップ嬢も惚れますけど、今回は副官に一目惚れです。
 何より、飛行多段空母と小型輸送機がかっこよすぎですけどね。