やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

高松に行ってきた

 日付が変わったので昨日の話ですが、香川の高松へ遊びに行ってきました。私は徳島の人間ですが香川に遊びに行く人は多いですよ。たぶん、埼玉から東京へ遊びに行く感覚、もしくは千葉西部から東京へ遊びに行く感覚、もしくは横浜から東京へ遊びに行く感覚です。香川に行ったらやたらと徳島ナンバーの車が多いです。あ、車で行ってきました。徳島で香川ナンバーはそれほど見ないですけども。
 友達二人、私も含めて三人、私の運転です。まずは高松市街にある商店街でぶらぶらしました。徳島の人間から見たら高松の商店街はこれでもか!っていうぐらい活気があります。徳島市街の商店街は、もう、寒いです。冬は寒いです。全然人がいないし空いてる店は簡単に数えられます。街が死んでいます。
 そんな高松に嫉妬しつつ瓦町という、東京で言うなら新宿みたいなところへ行き、百貨店の中のロフトでぶらぶら。そこで私はちょっと、ここでは明かしずらいものを購入しました。あ、でも、以前の日記で書いたか。ひとりかくれんぼに使うぬいぐるみを購入、できるだけ安いものを選びました。
 さてさて、唐揚げなど肉料理を売っている露店みたいな店の側を通ったらつばがびゃああああって出ました。
「買ったらいいじゃないですか」って連れに冷やかされたり。いや、いいです。そのあと、おやつにうどんです。カレーセットにしましたがカレーが意外とうまいです、はなまるうどん。はなまるは徳島にもありますけどね、てへへ。島根とかどこにでもありますけどね。だからと言ってあなどるなかれ、うどんはおいしいですよ。でも、香川ではなまるに入店するのはちょっと、ねえ。

 そして、ラウンド1へ。上の写真はラウンド1にある謎の像です。
http://www.round1.co.jp/これがラウンド1です。徳島になくて、高松にあって、たまにみんなと遊びに来ます。高松の店員が「来年3月(今となっては今月のことなのだが)に徳島にもできますよ」って言いました。おっかしいなあ、まだできる気配がないですけどねえ。まだ今月は終わってないのでもう少し様子を見ますか。
 3人でボーリングを6ゲームやりました。1ゲーム平均120という私としては驚異的な数字を叩き出しました。私の生涯の平均スコアはたぶん70です。6ゲームの合計スコアでどうにかこうにか勝利しましたよ。うはははは。
「社長、スペアです! 社長! 社長!」とテンション上がりまくりで「うるさいなあ」と言われたりしました。
 私の好きなラーメンは地元の某店、そして天下一品なのですが徳島にはなくて高松周辺には3店舗あります。夕食は天下一品です。友人よ、付き合ってくれてありがとう、おいしいと言ってくれてありがとう。どろどろ濃厚スープを召し上がれ!! うん、うまい!
 今回の高松遠出、クライマックスは中村トンネルでございます。三木インターから志度に抜ける県道38号線がありまして、現在この道路は整備が進みバイパスがあって快適な道路となっています。しかし、旧道は今もありまして、立石トンネルというものがあります。こいつの通称がなぜか中村トンネルなのですが。手掘りですから表面がごつごつしていて岩がむき出しです。私の提案で肝試しに行きました。ちなみにこのトンネルは文化財らしいですよ。歴史があるようです。
 地図を持っていくのを忘れて、運転していくのですがこの道路であっているのか確証のないままで、どうにかこうにか迷うこともなくトンネルに到着しました。霊感の強い一人は少し降りるのを渋りましたが何かいたというわけではないようです。とりあえず徒歩でトンネルを往復しました。トンネルの三木側には祠があるのです。あるはずでした。他のサイトで見たときはありました。それがなくなっていました。どうしたのかな?
 さて、ここでの写メ撮影をすっかり忘れてトンネルを離れました。あんまり怖くなかったです。去年の肝試しのとき私はぎゃあぎゃあ騒いだのですがねえ。
 そんな感じの高松遠征でした。トンネルで写メ撮るのを忘れたのが悔しいので香川と徳島の境にある大坂峠を通過して何枚か撮影しました。大坂峠も有名な心霊スポットです。

徳島と香川の境。

そして大坂峠。
 2枚とも何が写っているのかさっぱりですが、白く反射しているのは標識です。