やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 後章-STASHA-」鑑賞感想

f:id:uraomotenoraneko:20220208221918j:plain

2022年2月公開

監督:安田賢司

脚本:福井晴敏、岡秀樹

・・・

あらすじ:デザリアム艦隊からガミラス民族を守ろうとしていたデスラーの窮地を救った古代たちの乗るヤマト。だが、イスカンダルの星ごとワープさせて持ち去ろうとするデザリアムの計画は止まらない。果たして、古代やデスラーたちはガミラス民族とイスカンダルをデザリアムから救うことはできるのか。

・・・

 入場特典は、全然興味ないんですが、さすがに3枚中2枚は当たりだと思うのですが、いかがですか。

 前章はつまらないと申し上げたのですが、ヤマトがギリギリでデスラーを救う場面はマジで大好きですよ。ただ、その余韻が残らない後章のスタートでした。

 とはいえ、最後まで見てみると、本作は良かったなあと思います。

 お話の着地のさせ方が良いと思います。何ひとつ犠牲にしない、救えるものはすべて救う。古代君、かっこいい。そんな古代君を支える森君もかっこいいわけでございます。船務長だった森君も立派な艦長になりました。

 今回の艦隊戦では、新シリーズではあまり見られなかったラッキーパンチがありました。旧ヤマトだとラッキーな当たりが山ほどありますが、久々に見ると、意外といいものですね。やたらめったら撃つ主砲がやたらめったら当たるというのは気持ちいいものですね。

 ヤマト大好き!