やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画「CUTIE HONEY-TEARS-」鑑賞感想


2016年10月公開
監督:A.T.(ASAI TAKESHI)、ヒグチリョウ
脚本:中澤圭規、田中靖彦
原作:永井豪
・・・
あらすじ:AIに支配された近未来、日本は汚染物質による汚染範囲が拡大していた。雲よりも高い上層に都市が建設され、人々は上層と下層に隔てられていた。瞳というアンドロイドが上層から下層へ落下し、その行方を早見という記者が追っていた。一方で、社会を支配するアンドロイド:ジルも瞳の行方を追った。
・・・
 映画の録画や違法にアップロードされた映画のダウンロードは禁止ですよというのが毎度流れるじゃないですか。その中で頭がポップコーンと飲み物の2種類がいますよね。ポップコーンのほうは自分の頭に手を伸ばしてポップコーンを食べていますけど、飲み物のほうは、かなりがんばらないと飲めませんね。それが気になりました。
 ところで、TEARSですが、A.T.が何者か調べてみると映画の監督はどうやら初めてのようです。MVや攻殻機動隊S.A.CなどのOPを手掛けたようですね。ということは、この人の作品を観るのは初めてではないことになります。
 ヒグチリョウのほうも「ゆうとくんがいく」なる作品を監督しているようですが、それ以外はMVやCMが中心です。全然知りません。
 今作がかなりひどいので監督が誰なのか気になって少し調べてみただけです。ひどいのは観る前からわかっていたことです。でも、キューティーハニー好きだし観ざるを得ないじゃないですか。しかたありません。1100円で観ることのできる毎月1日だったのに観客はわずか5人でしたし、もうダメかもわかりませんな。
 それにしてももともとの1973年アニメも25話しかないんですね。これだけはまだ観てないんですよ。輸入DVDがアマゾンにあるから買おうかなと思う今日この頃です。
 三浦貴大は最近よくお見かけするなあと思いました。以上です。