やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

映画「コクソン」鑑賞感想


2016年韓国製作
監督、脚本:ナ・ホンジン
・・・
あらすじ:平和だった村は謎の日本人がやってきてから虐殺事件が続くようになった。村人が自身の家族を殺してしまうのだ。さらに殺人犯となった者は皮膚に異常が起きて正気を失ってしまう。村の警官ジョングは捜査するものの、村人たちの噂に翻弄される。そんなジョングの家族にも殺人事件を起こした者と同じ皮膚の異常が起きていた。
・・・
 サスペンスだかスリラーなんでしょ、これ。そんなふうに思っていた頃が私にもありました。
 ホラーじゃないですか。もうびっくりしちゃいましたよ。
 しかも今までに観たことのないなんともいえないホラーでした。だって、笑えるところがけっこうありますもん。劇場内の他のお客さんも笑っていましたし。妻とカーセックスしていたジョングを目撃した娘とのやりとりなんか最高ですね。祈祷師が祈る場面も音楽も相まってノリノリで最高です。
 体がねじ曲がる場面だけは目を背けそうになりました。こういうホラーは何か新しい映像を提供していかなければならないけど、体ねじ曲がりは新しいのではないでyそうか。
 ついこないだアシュラを観たばかりだった私は、検事が警察官となり、市長が祈祷師になり、しかもその対決がまた見えてしまって、そういうところも楽しいです。
 不条理、解明されない謎、これらは日本のホラーでもよくあるところですが、それらが極まったなと思いました。
 ただし、上映時間が長すぎです。町山さんの解説を聴くとこの長すぎも納得せざるをえないのですが、でもやっぱり長くて後半がダルいです。3分の1は削っても良いのではありませんか。そんなことしたらこの作品が成立せず崩壊しますけどね。神と悪魔、それに翻弄される人間、そういうのがダルいのかもしれません。
 韓国映画はレベルが高くてよろしいですなあ。