やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画「L.A.コールドケース」鑑賞感想

ポスター画像

2022年8月日本公開

監督:ブラッド・ファーマン

原作:ランドール・サリバン

脚本:クリスチャン・コントレラス

・・・

あらすじ:1997年3月、人気絶頂のノトーリアスB.I.G.が何者かに射殺された。別の殺人事件を調べていたLA市警のプール刑事は異動となりこの事件を追うことになる。だが、市警内部からの妨害もあって捜査は進まなかった。やがて未解決のまま18年が過ぎ、プール刑事を記者のジャックが訪ねてきた。プール刑事から事件の真相を聞き出そうとするのだった。誰がビギーを撃ったのか。

・・・

 プール刑事は実在の人物であり、ノトーリアスB.I.G.の事件を追っていたとのことです。

 ただし、この映画がどこまで本当のことを言っているのか、話半分で観たほうがいいかもしれません。たとえば、ケネディ大統領の暗殺事件を映画化した「JFK」はオリバー・ストーン監督が嘘を並べて作ったものであり、あくまでエンタメとして見るべき作品に仕上がっています。オリバー・ストーン監督が言いたい陰謀論はほとんど論破されています。

 つい最近、オリバー・ストーン監督の「JFK」がどこまで本当なのかを論じる動画を観たばかりでございまして、それの影響を受けたことにより、本作をかなり疑いの目で見てしまいました。

 エンタメとして見たら面白いかもしれません。

 ところで、記者のジャックはプール刑事からいろいろ話を聴いただけで、自分では何も調べていませんよね。ひとりで勝手に沼にはまっておぼれている人物だと思います。

 プール刑事を演じるジョニー・デップの佇まいはなかなか良い感じです。