やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

お松大権現訪問(銀河終幕記念:松玉就叶編)

 徳島県阿南市にあるお松大権現という神社に行ってきました。

 今まで行ったことのない神社なのですが、うちから1時間ほどのところにありまして、近いと逆に行かないじゃないですか。

 およそ330年前、借金していた惣兵衛さんは三左衛門に返済しました。ところが、証文をもらえなかったのです。三左衛門が亡くなり、三左衛門息子に惣兵衛の娘:お松さんが証文を請求しました。すると、息子が「返済してもらってない」と偽ったのです。奉行も助けてくれないどころか体を求めてくる始末です。ガチギレしたお松さんが死を持って抗議しました。死ぬ直前にお松さんは寵愛していた三毛猫に恨みの内容とその恨みを晴らしてくれるように伝えました。

 その後、なんだかんだと祟りが起きたのでお松さんと猫が祀られて、猫神としてのお松大権現となったわけです。

 恨みを晴らすのが転じて願いを叶えてくれるということになりまして、主に合格祈願で有名になりました。

 ぜひいらっしゃいませ。

 写真をご覧ください、猫だらけです。

f:id:uraomotenoraneko:20220409221117j:plain

f:id:uraomotenoraneko:20220409221134j:plain

f:id:uraomotenoraneko:20220409221136j:plain

f:id:uraomotenoraneko:20220409221144j:plain

f:id:uraomotenoraneko:20220210141954j:plain

f:id:uraomotenoraneko:20220210142031j:plain

f:id:uraomotenoraneko:20220409221201j:plain

f:id:uraomotenoraneko:20220409221209j:plain

↑松玉就叶君の名前で「心願成就」のろうそくを立たせていただきました。合掌。

 以上、お松大権現でした。

 ここからは余談です。

 松玉就叶君とは何なのかと申しますと、小生のほうでぼちぼちやらせてもらってる通称銀河というのがあります。その銀河に松玉就叶君というキャラがいます。そのキャラのネタ元がこのお松大権現なのです。

 ちなみに、松玉就叶君のデザインにつきましてはオルフェーヴル(ウマ娘)を参考にしております。

 そんな松玉就叶君が出てくる銀河も20年以上やってきたのですが、とうとう終わりました。