やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

映画「レミニセンス」鑑賞感想

ポスター画像

2021年9月日本公開

監督、脚本:リサ・ジョイ

・・・

あらすじ:戦争と環境変動により海面が上昇した。富める者は土の大地に住むが、貧しい人々は水没した都市に住んだ。そんな世界で記憶に潜入して秘密を暴く捜査員として働くニックは、過去につながりのあった女性のメイが犯罪に加担している可能性があるために調べていった。だが、彼はメイに対する愛情があり偏った調査をしていく。そのため周囲の捜査員から叱責される。果たして、真実にたどりつくのか。

・・・

 ノーランと記憶といえば、似たような映画が前にもありましたけども、今作はそういうのとはまた違いました。

 ニックにはエミリーという相方がいるんですけども、そのエミリーがなかなかかっこいい場面を見せることもあったのですけれども、その後エミリーが活躍することがありませんでした。もう一度エミリーの見せ場を用意してほしかったです。

 絵はとてもきれいだと思います。

 劇場で冒頭から最後まで寝ていた観客がいましたけど、何をしに来たんでしょうかね。寝たかっただけですか。