やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

映画「ワイルドスピード ジェットブレイク」(吹替4DX)鑑賞感想

ポスター画像

2021年8月日本公開

監督:ジャスティン・リン

脚本:ダニエル・ケイシー、ジャスティン・リン

・・・

あらすじ:ドミニク・トレットの弟ジェイコブは父の死に関係していると思われ、青年時代の彼らは離れ離れになった。そして現在、ミスターノーバディが何者かに襲われて消息を絶った。ドミニクたちは捜索するが、世界を揺るがす驚異的な装置を発見する。ところがその装置は突如現れたジェイコブによって奪われた。ジェイコブは独裁者の息子と結託して世界を支配しようとしていた。果たして、ドミニクたちはその企てを阻止できるのか。

・・・

 ワイスピ上映といえば映画館の駐車場でございます。今年はどれだけやんちゃな車が集まるかなと期待したのですが、明らかに速そうなやつは1台だけ、あとはドレスアップしたミニバンが2台という結果です。ただ、客層はたいへん若くて服の露出かなり多めです。ショーパンなんか当たり前ですな。

 4DXで鑑賞したのですが、たこ焼きのにおいがしまして、ビニル袋のガサガサ音が響きまして、ふと見たら近くの客がたこ焼きを膝の上に置いていました。おまえ、4DXやぞ! 大丈夫なんか? 食べたのか、あきらめたのか、わかりませんでした。

 でも、しょうがないっすね。この日は同じショッピングモールに入っているたこ焼き屋が安売りしてて私も上映前に行列に並んで買って食べましたからね。

 さて、4DXのワイスピです。ワイスピだけは絶対4DXもしくはMX4Dで観ようと決めていました。時間的にMX4Dは安く鑑賞できる回がなかったため4DXでの鑑賞となりました。

 いや、もうね、4DXのワイスピはね、最高っすよ。マジで最高っすよ。

 2Dで観た皆さん、損してますよ。ワイスピだけは4DXで観とけ。

 これだけ動きっぱなしで座席から落ちそうになる映画は他にないっすよ。ワイスピと4DXおよびMX4Dの相性は抜群です。

 ほんまにマジで最高でした。ぜひ4DXもしくはMX4Dでご覧ください。

 あと、今作の東京の場面につきましては、ひどいというか、笑いがこみ上げました。ラーメンの屋台でレティとミアのふたりが何かを食べていました。当然ラーメンの屋台だからラーメンだと思いますよね。丼はデザインがよく見る典型的なラーメン鉢です。ただし、形はややでっぷり型の珍しいものでした。そして、その丼の中身なんですが……ふたりが箸でつかんだものは……うどん? ぶっかけうどん? 具材は乱切りのたまねぎ??? なんだこれ!

 ワイルドスピード3作目は東京が舞台でしたね。そのときの東京は、我々のよく知る東京でした。ところが、今回の東京は台北の夜市を暗くした感じでした。

 マツダ車が全然出てこないのですが、見逃しましたかね。FF10で満を持しての登場なのかもしれません。