やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画「るろうに剣心 最終章 The FINAL」鑑賞感想

ポスター画像

2021年4月公開

監督、脚本:大友啓史

原作:和月伸宏

・・・

あらすじ:明治12年の冬、上海のマフィアで頭目をしている縁が緋村剣心への復讐を果たすため東京を火の海にする。署長や道場、街までもが襲われる中で、縁を止めるために剣心だけではなく斎藤一や四乃森らも東京を奔走する。

・・・

 原作未読です。アニメもほとんど見ていません。

 実写映画はすべて映画館で見てきました。

 邦画が作った実写の中でも最高の成功を見せてくれた作品でしょう。佐藤健や出演者皆の演技、アクションがたいへんすばらしく、まさに見応え十分です。

 本作の結末はThe Beginningへどのようにつながっていくのかを見せてくれるものなんだろうなと思いつつ見ていましたがそんなものは一切無しでした。ということは、エンドロールのあとに何かおまけ映像やらThe Beginningも見てね的な映像があるのかと思いきやそれも無しです。なので、エンドロールが始まったら劇場を出ても問題ありません。

 Beginningは本当に純粋な過去編をやるのですね。

 有村架純を斬ってしまったあたりを描くのでしょうかね。

 映画において前後編というのは普段はやってほしくないとは考えていますが、Beginningにつながる何かをほとんど見せてくれなかったことについて残念に思いました。これだったらBeginningはもう少し早めに公開してもらってからFINALを見せてもらったほうがいいんじゃないかなとも思いますが。

 あと、遠距離攻撃のできる大筒の秘密は明かされないままでしたね。あと、足の悪い刀狩りの人、アンクですか? もしくはネオさんですか? とにかくあの人は結局逃げたままですね。

 有村架純といえば、大好きな女優さんなので、出演してくださったことを深く感謝するわけですが、佐藤健の胸の中に体を預ける場面がありました。そのとき佐藤健の顔よりも明らかに有村架純のほうが大きくて……監督さん、カメラさん、この部分だけは撮り直してほしいです。