やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

映画「バクラウ 地図から消された村」鑑賞感想

ポスター画像

2020年11月日本公開

監督、脚本:クレベール・メンドンサ・フィリオ、ジュリアノ・ドネルス

音楽:マテウス・アウベス、トマス・アウベス・ソウザ

・・・

あらすじ:今から数年後のことだ。ブラジルの奥地にあるバクラウ村の長老が亡くなった。テレサは村へ水を運ぶタンク車に便乗して葬儀に参列した。それからというもの、村がインターネットの地図から消え、UFOが目撃された。馬を飼育している家では全員が惨殺され、滅多にない来訪者があり、タンク車に銃弾が撃ち込まれ、選挙に出馬している近隣の候補者が食料などを持参して選挙活動にやってきた。この村にいったい何が起きているのか。

・・・

 こちらでようやくの公開となりました。

 何を言ってもネタバレになります。かなり面白い映画なのでぜひご覧くださいとしか言いようがありません。物語のベースになっているのはブラジルに現存するキロンボというものだそうです。キロンボが何なのかについて触れてしまうとネタバレになってしまいます。ブラジルの皆さんにとっては、冒頭から「ああ、なるほど」とわかることなのでしょう。でも、ブラジルに詳しくない皆さんは、おそらくネタバレを見ないほうが楽しむことのできる作品なのでしょう。

 ブラジルにはこんな寓話があるのだなあ。

 ぜひご覧ください。