やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

予讃線の松山と赤星の間を乗り降り その1

f:id:uraomotenoraneko:20200624062438j:plain

JR四国新型特急2700系のグリーン車です。ほかにお客さんが大勢いたため写真はこれだけです。グリーン車最高! このようにしてJR四国にお布施をします。

 予讃線の特急について、速度をガンガン出すのは岡山・高松と壬生川の間だけですね。今治と壬生川の間は直線が多いのになぜか100km/h程度でした。今治と松山の間は線形が悪くて80から90km/h程度です。

 前回の記事で予讃線の特急が定刻より遅れていたので130km/h出していてすごいと申し上げましたが、あれは間違いでした。予讃線特急は常に130km/h出しています。私の知識が古くてですね、在来線では連続立体交差などの区間のみ130km/hだと思っていたのですが、現在では条件が整えば130km/h出してしまうようです。というわけで予讃線は単線だけどガンガン130km/h出すのですごいということです。

 ちなみに普通列車も105km/h、たまに110km/hでした。

f:id:uraomotenoraneko:20200624095500j:plain

伊予北条駅

f:id:uraomotenoraneko:20200624100821j:plain

柳原駅

f:id:uraomotenoraneko:20200624104116j:plain

伊予和気

f:id:uraomotenoraneko:20200624105702j:plain

光洋台

f:id:uraomotenoraneko:20200624110659j:plain

↑堀江駅。松山市内の住宅街なのにコンテナ駅舎だなんて。