やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

左臀部軟部腫瘍除去 術後 その2

前回の「術後」記事はこちら。

左臀部軟部腫瘍除去 術後 - やくもとうずしおをがっつりと

・・・

 術後の診察、2回目です。

 術後から14日経過しました。前回の診察からはちょうど1週間です。その間はどうだったのかというと、入院中に医者から言われていた生理用ナプキンの使用を開始しました。これ以上タオルやパンツやズボンを血まみれ体液まみれにするわけにはいかないという判断です。

 ドラッグストアへ行きまして、マスクではなく生理用ナプキンの選び方を店員さんに聞きました。めちゃくちゃ丁寧に対応してくれました。股間から体液が流出しているので生理用ナプキンがほしいと言ったときの店員さんの「ん? ん?」という二度聞きは(そりゃそうなりますよね)という感じでした。

 400とか290とか吸収できる量とか、貼るタイプなどなどがあるようですが、吸収量が多くて貼るタイプというのはないようです。もしあったら教えてほしいのですが。

 貼るタイプを優先して、290吸収できるものを購入しました。

 まずは1枚をパンツに貼ってみました。だいたいこのあたりから流出してるよねと予想して貼ったのですが、これがはずれでございまして。ナプキンの一部が汚れたにすぎないのでした。つづきまして、汚れた位置を参考にしつつ2枚並べて貼りつけました。

 おかげさまで衣類の汚れを防ぐことができるようになりました。

 術後10日目あたりは2枚ずつを2時間ごとに交換していましたが、術後12日目からは1日3回の交換でも大丈夫なようになってきました。ただし、2度目の診察前日は量が多くて前々日は少ないです。

 2度目の診察では、昨夜から貼りっぱなしのものがほとんど汚れていません。それを見た医師は、「かなり減りましたね」とのことなのですが、こちらとしましては前日昼間に多かったことを伝えています。

 というわけで、この診察でついに見通しが出ました。あと2週間で完治だそうです。ただし、次の診察は3週間後なので完治したかどうかの判断はしばらくおあずけとなります。長いなあ。

 下記の資料は切除したものを病理診断した結果です。切除して検査している途中のブツの画像を見せられましたが、あかんやつです。ありがとうございました。

f:id:uraomotenoraneko:20200416204057j:plain