やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画「貞子」鑑賞感想

f:id:uraomotenoraneko:20190526204621p:plain

2019年5月公開
監督:中田秀夫
脚本:杉原憲明
原作:鈴木光司「タイド」
・・・
あらすじ:記憶のない少女を医師の秋川が担当する。一方で秋川の弟が行方不明になった。
・・・
 映画が終わりまして、劇場から出るとき周りから「怖かった」「今夜寝れん」という声がけっこうな数聞こえてきました。
 私の場合心霊動画とか大量に見ているので、映像が作り出す恐怖に慣れていてなんとも思わないのですけども、それにしても今作は怖いどころかびっくりする場面もまったくなかったのですよ。効果音や音楽の音量がでかすぎて耳が痛いです。ケータイの着信音が特に大きいです。
 マジですか、私が慣れすぎているのですか、それとも、いやいや、でも、私はヘレディタリーが怖かったですよ。
 さて、今作ですが、ツッコミどころが多すぎます。まず、医師の秋山が医師らしいことを何もやっていません。それ以外にもいろいろ気になります。池田エライザ演じる秋山の服がダサいです。前半で着ていた黒っぽい花柄の服なんて特にダサいです。ダサいといえば「どこから入ったんだ!」というセリフもクッソダサかったです。
 洞窟の場面ですけどね、今夜は大潮だからその洞窟がいつもよりも大きな満ち潮によって海水が入ってくると言っているのに、そんなこと全然なかったですよね。なんなんだ、あれはいったい。
 まあ、でも、池田エライザはかわいいですな!池田エライザ大好きです。池田エライザのみんなエスパーだよをまだ見ていませんけど。