やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」(吹替)鑑賞感想

f:id:uraomotenoraneko:20190309001910p:plain

2019年3月公開

監督:ボブ・ベルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン

脚本:フィル・ロード、ロドニー・ロスマン

音楽:ダニエル・ベンバートン

・・・

あらすじ:マイルス・モラリスはある日放射性のクモに噛まれて体に異変が起きる。彼の目の前でスパイダーマン=ピーター・パーカーは殺され、マイルスはピーターから現状の打開を託された。異なる宇宙からやってきたスパイダーマンたちと合流したマイルスは自身の能力に苦しみながらもピーターとの約束を守ろうとする。

・・・

 まさかスパイダーバースで泣くとは思いませんでした。Bと別れる場面です。あれは泣かずにいられません。どうか皆さんもぜひご覧ください。諦めと老いがあり、若さがあり、あらゆるものが交錯していく本作でヒーローのバトンタッチがありました。泣くしかないでしょう、こんなものを見せられたら。

 みんなの好きなものが満載なんです。

 アカデミー賞を受賞したからって本当に良作かどうか怪しいもんだなと思いましたけど、こいつは良作です。間違いありません。

 ただ、3D映画をメガネ無しで観ているときのような絵がずっと続くものですから、それだけは少々疲れました。見づらくて困りました。

 それにしても、ツイッターでRTされてきたツイートを拝見いたしまして、ごもっとも!と思いました。それはペニーです。日本アニメの萌え要素そのものがスパイダーバースで展開されるとは、まさかです。おっしゃるとおりです。

 ヒーローって……たいへんだよね……