やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

熊本から山口までたべあるき その1

 金曜夜、仕事を終えて熊本を目指しました。そうだ、西九州自動車道を走りにいこう。
 高速道路の事故通行止に阻まれつつ、愛媛県のさきっちょ、三崎港から九四フェリーで佐賀関へ上陸です。
 フェリーに車をぶっこむのが好きです。ランプウェイを通って車両甲板に突入していくときがたまりません。最高です。
 佐賀関から熊本を目指す途中、大分市の東部で給油して57号中九州自動車道で竹田へ。竹田からは国道57号をつらつらと走っていきます。阿蘇の西部へ来たところで国道57号は通行止となります。熊本地震の影響で阿蘇熊本市の間は寸断されています。う回路の県道で阿蘇の外輪山を越えて菊陽に至りました。
 午前2時、ホテルに飛び込みました。「部屋空いてますか」
 翌朝、ホテルからすぐ近くのラーメン屋火の国文龍菊陽バイパス店に寄りました。熊本でいっちゃん濃いらしいですよ。九州らしい豚骨スープですが麺はやや太めですね。
 それをたいらげて、九州道、長崎道、西九州道を経由して佐世保中央インターへ向かいました。インターと一般道の交差点に佐世保バーガーの店があります。名物おばちゃんがやっとられるようです。そのハンバーガーもたいらげて再び佐世保中央インターから西九州道に入りました。
 西九州道一般国道497号でもあります。国道の完走を目指している私は、西九州道のような道路はその対象外としていますが、やっぱり走っておかないと気持ち悪いです。というわけで、ぶつぎり状態の西九州道を走ります。

↑四国の最西端三崎港から国道九四フェリーに車ごと乗船。

↑フェリー一番乗りなので私の車が最も船首寄りです。

↑火の国文龍菊陽バイパス店。

↑味変アイテムが盛りだくさん。山盛りのにんにく味噌。高菜は別のテーブルに大型丼に盛られていて自分で取りにいくシステムです。

↑豚骨に背脂たっぷりだけどけっこうあっさりいけちゃうスープです。

佐世保のログキット佐世保店でハンバーガー。佐世保らしさのないソース無しバーガーです。素材の味で勝負ですね。