やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

大阪奈良ラーメンめぐり その2

 フィッシュトンズを出た私は、暑くて暑くて、かき氷食べたいなと思って、玉造へ行きました。もうええ加減マツシタキッチンのかき氷食べたいじゃないですか。
 行ってみたら行列ができていました。並びました。むむっ、何か様子がおかしいぞ。ウェイティングボードがあるじゃないですか。みなさん並んでいなかったのですね。名前を書いて、自分の名前じゃない、別人の名前を書いて、ボードにあるやさしい案内を読みました。5組くらいで1時間待ちとあります。今のところ10組待ちです。というわけで2時間待ちが予想されるのでその場から離れました。玉造駅の反対側にあるこちかぜに向かいました。歩いてすぐかなと思いきやけっこう遠いですね。日差しが痛くて暑さが痛くてぐったりしたところでこちかぜに着きました。注文したのはありったけ柑橘類6種類バージョンです。1種類から6種類まで選ぶことができるのですね。種類が増えるごとにプラス100円です。冷たくて酸味もあって、酷暑から助け出してくれました。ありったけ柑橘類が私のところに運ばれたときとなりの客が「あれがありったけ柑橘類か……」とつぶやいていました。
 こちかぜを出ましてマツシタキッチンの戻ってみると、ちょうど私の順番じゃないですか、やりましたね。と思いきや、私と同じように店から離れていた客は飛ばされていたわけで、その順番を飛ばされた客が戻ってきて私より先に店内へ案内されていました。お預けです。酷暑の中、店の前で待っておりまして、しばらくしてようやく案内されて着席です。注文したのはパッションフルーツミルクです。パッションの酸味とミルクがベストマッチです。
 おなかちゃぷちゃぷだったのはここだけの話です。
 このあと、眠くて眠くて日陰に車を停めて寝ました。起きたら夕方です。福島に行ってムタヒロさんに参りました。それにしても福島というところは高層ビルもありますが、一軒家がずらりと並んでいて、どの家も飲食店です。しかもどれもこれもうまそうな店構えです。住みたいですね。
 ムタヒロさんでは鶏だしの醤油ラーメンです。ホールの女の子がかわいいなと思いつつぺろりといただきました。麺もうまいですね。
 福島を出て、天王寺のさらに向こう側の昭和町へ参りました。彩々さんに入店です。とろみのある白湯スープの塩をいただきます。麺もうまいし、スープも好きなやつです。
 このあとどうしようかなと考えました。明日は奈良だな、それは決まりなのですが。

↑こちかぜさんでありったけ柑橘類。

↑マツシタキッチンさんでパッションフルーツミルク。ええ形の山盛りです。

↑ムタヒロさんでガハハ鶏醤油。

↑福島のムタヒロさん。

天王寺昭和町彩々さんで白湯塩。
つづく。