やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画「GODZILLA  決戦機動増殖都市」鑑賞感想


2018年5月公開
監督:静野孔文瀬下寛之
脚本、原案:虚淵玄
音楽:服部隆之
・・・
あらすじ:意識を失ったハルオは原住民に助けられた。仲間も多くが生存していた。原住民がナノメタルを利用していることに気づいたハルオたちはゴジラ殲滅を再び決意した。原住民の利用しているナノメタルはメカゴジラの残骸から採取したものであり、メカゴジラの残骸は2万年の中で増殖していて、彼らはそれを利用してゴジラとの決戦に挑む。
・・・
 お互いトンデモどうしの戦いでございますなあ。ナノメタルにより強化されたハルオたちの兵器ですが、その威力は元の20倍とか言ってて、うーん、もはやめちゃくちゃです。にもかかわらずゴジラには勝てないわけです。ゴジラは神の領域です。ビルサルドは勝つためならどんな手段も厭わない、それに対する地球人は感情まで捨てるのは嫌ということでね、私としては肉体と感情はそのまま維持したいです。
 ハルオの仲間に異星人もいるため、その関係で何でもありになっていることを重々承知しないといけません。ビルサルドはブラックホール第3惑星人みたいなものですね。エクシフはその名前がX星人に由来しているそうです。
 次回、金色に輝く3本の首、ヤツの登場でしょうか。