やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

京阪のるひとおけいはんの旅

 2時55分発の南海フェリーに乗って向かうはなんばです。朝早いなんてもんじゃありません。なんばからは御堂筋線で中津へ。1週間前にも地下鉄中津駅で乗り降りしたのですが。
 朝7時30分、中津駅から歩いてすぐの弥七にやって参りました。この店は平日のみの営業です。だから、どうにもこうにも訪問できないのです。しかし、師匠がこないだの月曜日に行きまして、4/28.29.30は営業しているという情報をくださったのです。やりました!
 行くしかない! そしてやってきたのであります。
 ちなみに開店は10時45分なので3時間以上待ちます。2組目の客が来たのは9時30分くらいでした。そのあと一気に増えて10時には15組くらいになりました。
 そんな弥七を食べまして、その次の店なんですが。次の店は、師匠から指示された店より濃厚な店行きたいと言ったら京都の店を指示なさるわけです。で、いざ弥七を食べ終わりそうになると、気分が変わりまして、師匠が最初に指示してきた店でもええかなと思いはじめました。そしたら、師匠ったら、京都行け!とおっしゃる。私がわがまま申し上げたのでね、すんませんね。
 というわけで、淀屋橋から京阪特急です。プレミアムカーに乗りました。最高じゃないですか。
 出町柳に着いて、叡山電鉄に乗り換えて、一乗寺でございます。ラーメン店だらけの町でございます。
 高安に行って、そのあと自分の考えで重厚軍団行って、祇園四条へ行って、祇園NITIさんのかき氷を食べて、また修学院にやって参りました。もう祇園四条一乗寺や修学院の間を行ったり来たりです。
 修学院の新店付近をぶらぶらしました。そしたら、店員さんと道行く人がしゃべっていまして、「今度塩ラーメン食べに行きますね」「醤油がおすすめですから醤油にしてください」と。
 ほほう、醤油がおすすめなのか。でも師匠におすすめを確認したほうがいいなあと思って聞いてみたら「味噌がおすすめ」とおっしゃるではありませんか。「なんだと!」と思って店員さんのおすすめは醤油だと言ってみると、「じゃあ店の人のおすすめにしとき、それにしとき、それがええわ、間違いない。」とヘソ曲げてしまいました。
 そんなこともありながら、修学院で味噌ラーメン食べて、またしても四条河原町に移動してあっさり塩ラーメン食べて、10年ぶりかなというくらい久々に阪急京都線に乗りました。阪急京都線も京阪も新快速に客取られて阪急京都線特急と京阪特急の途中停車駅が激増しましたけど、それでも半分以上の客は終点梅田まで乗りましたね。やっぱり四条河原町で遊んで大阪に帰る場合JR京都駅まで移動するのはめんどくさいですよね。
さて、阪急梅田まで戻ってきて、そのあとはすごく久しぶりに高速バスで帰宅しました。ここ数年は関西へ車で行っていましたからね。
 そんな感じの大阪京都でした。
 4月の週末はすべて徳島県外に出たことになります。
第1週:京都
第2週:奈良
第3週:奈良
第4週:関東福島
第5週:京都
 来週末は黄金週間後半ですね。また後ほど報告いたします。

↑弥七さんの整理券ゲットだぜ!

↑弥七さん、たしかにうまい!

↑京阪特急プレミアムカー淀屋橋から出町柳まで。

↑プレミアム感がバリバリ伝わります。

↑座席は3列。

叡山電鉄の観光車両。

叡電一乗寺駅

↑高安。

↑重厚軍団。

祇園四条に移動して祇園NITIへ。「かき氷のみの営業ですがよろしいですか」
そのかき氷を食べに来たのです。

叡電修学院駅

↑とうひちのセカンドブランド、すぐるさん。ご近所の方々が立ち止まって様子をうかがっています。

↑すぐるさんのメニュー。

↑すぐるさんの味噌ラーメン。師匠、味噌ラーメンですよ!

四条河原町のriver RAMENさん。

↑京都の繁華街でこんな風景をみることができます。