やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

映画「映画ドラえもん のび太の宝島」鑑賞感想


2018年3月公開
監督:今井一暁
脚本:川村元気
・・・
あらすじ:いつものように大見得を切ったのび太ドラえもんに泣きつく。宝島を見つけてやるというものだった。ドラえもんの道具で海に飛び出した彼らは宝島を発見したものの本物の海賊と出会ってしまう。しずかちゃんがさらわれてしまい、そのかわり謎の少年と出会った。果たして、海賊の正体と目的は何か。
・・・
 ピシャピシャピシャ!(ドラえもんが秘密の道具を出すときの音)
 はい、というわけで、毎年ドラえもんの映画を観ているわけではなく、気まぐれです。
 今作は家を飛び出したのび太と、同じく家を飛び出した少年の物語でした。のび太はしずかを助けたい、少年は妹を助けたい、対照的なふたりのお話となりました。
 なんといっても潜水艇で海中へ消えていくしずかをのび太が死に物狂いで追いかけていく場面が最も良かったです。かっこいいです。やはり映画ののび太はやりますね! テレビとは違います。しんちゃんもそうですが。
 それと、飯がうまそうでございます。特にフレンチトーストですね。食べたいですね。
 海賊の船長が足を悪くしているのですが、あれはなぜでしょうか。昔大けがでもしたのでしょうか。でもそんな場面はありませんでした。
 それにしても、時空海賊か……。クライマックスはラピュタみたいでしたね。
 では、このあとリメンバー・ミーやボスベイビーでお会いしましょう。