やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

岐阜愛知鉄道攻略の旅 その3


名古屋はええで。道が広いがね。やっとかめ。
 名鉄一宮→玉ノ井→名鉄一宮須ケ口→津島→栄生→犬山です。
 栄生から乗った電車の終点犬山では、久々に「ハッ! ここどこ?」状態に陥りました。犬山駅で降りなければいけない、ここは犬山駅、乗換なのですが、ここが犬山駅だということを理解するのに寝ぼけた私はだいぶ時間を要しました。そのまま乗っていたらまた可児へ行ってしまうところでした。
 どうにかこうにか小牧線に乗り換えて平安通駅を目指しました。途中の小牧原駅では新交通ぽい路線を車窓から発見してパニックになりました。発見した新交通は今回予定にまったく入っていなかったというか存在を知りませんでした。そういやこのあたりに新交通があったなあと思って調べてみたら10年前に廃止された桃花台行新交通でした。 もし廃止されていなかったらまた日を改めて乗りに来るところでした。何しろ今回の旅が無事終われば愛知の鉄道完乗となるはずだったのですからその計画が瓦解してしまうのです。
 この小牧線というのは途中駅に味岡、味美、味鋺という味のつく駅が3つあります。なんだかおいしそうではありませんか。
 平安通駅から地下鉄を乗り継いで名古屋駅へ。あおなみ線に乗りました。終点の金城ふ頭駅を折り返しです。金城ふ頭駅はリニア・鉄道博物館があるしレゴランドも開業しました。注目の駅です。名古屋駅に戻ってくると、あおなみ線改札口から名鉄名古屋駅まで猛ダッシュしました。もしかしたら1本早いのに乗れるかもしれません。
 1本早い中部国際空港行に乗ることができました。常滑駅を出ると車内に音楽がずっと流れていました。空港へ向かう列車としてこれから始まる空の旅を演出しているのでしょうか。空港周辺はすごいですね。クソでかいイオンモールがあって、空港にも東横インがあるじゃないですか。空港といえばホテル日航とか高級なホテルしかなかったりするわけですが、中部国際空港は良いですね。
 中部国際空港で折り返しました。途中の太田川駅で乗り換えたのですが、京急蒲田みたいな駅でした。すごいですね、二重構造なんですね。名鉄東名古屋港駅を目指しました。神奈川県の鶴見線みたいな名鉄名港線は、今日のような休日の場合朝に数本、夕方に数本しかない攻略の困難な路線です。4両編成の東名古屋港行は、乗客は5人ほどでした。手ぶらの若い女の子がいて、地元の子かなと思っていますと。
 東名古屋港駅では、乗客全員が鉄ヲタだったようです。女の子も駅の中をうろうろして折り返し電車に乗りました。みんな、写真を撮ったりしていました。
 そのあと河和線知多新線をつぶして神宮前駅へ。名鉄の特急と急行は車内の電光掲示板に「ただいまの速度」が出るんですね。楽しいです。
 神宮前からは豊橋パノラマスーパーに乗りました。あんまり客が多くてダルかった私は特別車に乗りました。せっかくのパノラマスーパーだから先頭のパノラマの座席に座りたかったですが空席はなかったです。国府駅まで乗りました。車内で特別車着席に必要なミューチケットを購入したのですが行先の国府駅の読み方に少し悩みました。たぶん「こくふ」じゃないんですよ。もしかして「こう」と読むのではなかろうか。
私「こくふ……こうまでお願いします」
車掌「こうですね。360円です」
 名鉄国府駅は「こう」が正解でした。国府からは豊川稲荷まで行って戻って豊橋駅へ。

あおなみ線

↑あおなみ名古屋駅レゴランド広告。

あおなみ線金城ふ頭駅からレゴランドの塔が見えます。

名鉄の赤色って美しいですよね。

名鉄中部国際空港駅

名鉄東名古屋港駅。駅はホームがあるだけです。改札口はありません。

名鉄東名古屋港駅前。三菱重工などがあります。

名鉄パノラマスーパー。正面から撮れませんでした、ごめんなさい。
つづく。