やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

MX4D徳島上陸記念・映画「ワイルドスピードICE BREAK」(MX4D吹替)鑑賞感想


2017年4月公開
監督:F・ゲイリー・グレイ
脚本:クリス・モーガン
・・・
あらすじ:誰よりもファミリーを大切にしてきたはずのドミニクが裏切った。そのためホブスが投獄されてしまう。レティたちは敵だったデッカードと手を組まざるをえなくなりドミニクと戦う羽目になる。果たして彼らの行方は。
・・・
 たいへん長らくお待たせいたしました。徳島の皆さん、MX4Dがやってまいりました。さあ、ご覧あれ。今日の感想は自分語りになりますのでご了承ください。
 さっそくMX4Dを鑑賞してきたのですが、その途中で気づきました。私が初めてMX4Dもしくは4DXを体感したのは2015年公開の「ワイルドスピードSKY MISSION」だったのです。そのときは4DXでした。そいつのあまりの楽しさに完全に心を奪われてしまいました。通常の鑑賞料金に1000円がプラスされますが安いものです。
 それから4DXとMX4Dを4作品で体感して、今回は5作目となりました。徳島でイオンモールが開業することが決まって、そのイオンモールに映画館は併設されるのかずっと気になっていました。映画館併設の決定を知ってからはその映画館に4DXもしくはMX4Dが備わるのかどうか、ヤキモキしていました。イオンモールの不穏なうわさを聴いたときはMX4Dをあきらめましたが、まさかMX4Dが備わるなんて……決定を知ったときはどれほど喜んだことでしょう。声を枯らしました。MX4Dだけではなく国内初の音響も入っています。すごいです。
 MX4D徳島上陸記念としてシネマサンシャインとufotablecinemaとイオンシネマ徳島の3つをはしごしてきました。MX4Dが徳島に来てくれたことがうれしすぎてすべての映画館のはしごとなりました。
 そんなこんなでワイルドスピードICE BREAK公開となりました。イオンモールグランドオープンの翌日ですね。
 初めての4DX体験がワイルドスピード前作であり徳島でのMX4D開業がワイルドスピード今作となるわけで、何やらご縁を感じます。ただし徳島MX4Dの幕開け作品は艦これ劇場版なのであしからず。
 さてさて、ワイルドスピードICE BREAKですが、MX4Dにものすごく良く向いている作品だと思います。終始座席が動きますし、その動き方も座席から投げ出されるんじゃないか、シートベルトがあったほうがいいんじゃないかというほどのものです。MX4Dの楽しみとしてもうひとつは他のお客さんの反応です。今回はおそらくほとんどのお客さんが初めての体験となったはずです。映画本編の前に座席の機能が一通り発動しますがそのときにお客さんが声を出している様子も楽しめてしまいます。こっちまでうれしくなります。
 要するに、最高です。
 MX4D楽しすぎます。
 ブライアンが抜けた穴もすっかり埋まってしまって、新しいワイスピが始動しました。ニューヨークでの車の遠隔操作については、大臣が乗っている車を操作しちゃえばいいじゃんと思いつつ、車に追いつくほど速い潜水艦に苦笑しつつ、それでもワイスピってやつは最高なのでした。
 機内でのデッカードのアクションがトランスポーターぽいとか、なんだか製作スタッフが遊んだ感じの映像もあってそれも楽しいです。
 あとはあの飛行機が、存在しない特殊な飛行機とはいえ、B787なのかA350なのか気になったくらいです。
 MX4D最高!!