やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

京阪神ラーメンツアー

 兵庫県尼崎市の「和心」を超えるラーメンに出会うまでラーメンを食い続ける!
 そんな企画に付き合ってまいりました。ラーメン8杯を予定しております。運転は私が担当しますので、店の場所を教えてもらって事前に道路の確認をしておきました。
 朝7時に3029氏をお迎えして、いざ京都府城陽市へ。まずは大本命のあっぱれ屋です。11時30分開店のところを10時10分くらいに着きました。そのとき既に13人が並んでいる状態です。
 開店となって、ほとんどの客が20食限定のつけ麺ばかりを注文している中で我々は定番を注文しました。そりゃあ、初めての店で冒険なんかしたくないですからね。でも、3029氏は焦っていらっしゃるご様子です。つけ麺にしておけばよかったかな、と。いやいや、そんなことはありません。初めての店なんだから落ち着いて普通のラーメンをいっときましょう。
 さて、出されたラーメンは少々クリーミーな見た目です。味なんですけど、麺は良いとして、スープがのどに刺さるんですよ。魚粉が邪魔してきます。3029氏は和心に匹敵するかもということで喜んでいらっしゃいますが、私はだいぶ不満でした。和心のスープと具の思い出が強く残っていますので。肉とメンマがおいしいのは認めますけど、こしょうを巻いた肉ってのは、ちょっと、卑怯っていうか、ないわ。いや、うまいんだけど、ないわ。
 あっぱれ屋の良いところは、店内が厨房も含めて清潔だということです。器など見た目にも注意を払っているようです。うまけりゃなんでもいいっすという私も、清潔で料理もきれいだったりすると心が大きく揺れ動きます。

 3029氏は暑さにやられてしまったようで、ラーメン8杯に暗雲が垂れ込めてきました。残り7杯なのに。こちらとしては全力で付き合うつもりでしたけども。
 さて、2件目はすぐ近くです。同じく城陽市内のたけ井という店です。ここにつきましては、つけ麺を注文しましたが、これくらいの味なら徳島大学近くの麺ぼうずも出してくると思うのですが。とんこつと魚介の合わせです。ゆずが邪魔でした。麺がたいへんおいしいです。麺ぼうずもゆず入りのメニューがありましたよね。3029氏はかなりうまいとおっしゃいました。ただし、つけ麺なのでその他のラーメンとの比較は難しいです。

 さあ、ここからが問題です。3軒目は大阪府高槻市の中村商店か、それとも西宮のだしと麺か。3029氏はだいぶお疲れのご様子です。いかがなさいますか、西宮まで走りますか。
 というわけでやってまいりました、西宮です。「だしと麺」という店です。まさかのあごだしですよ。ふるさとの味じゃないですか。まあ、ほとんど食べたことないですけど。
 味は、うん、まあ、珍しい味ですね。うまいかまずいかでいえば、珍しい味ですね。生たまねぎで無理やり臭みを消そうとしているのはあまりいただけないかな。

 胃腸薬を忘れてきた3029氏。泣く泣く現地調達です。私は、もうだいぶ腹パンパンなんですけども。だしと麺を出たところで15時20分でした。
 3029氏はすっかりお疲れのご様子です。このあとの予定は私に任されてしまったようです。私の好きにしちゃっていいわけ?
 宝塚に三宮のアズーリと双璧を成すほどうまいピザがあるということで夜はそれにしましょう。それまでは西宮ガーデンズで時間をつぶします。
 夕立で気温が下がった西宮でした。さて、宝塚へ移動です。

↑マリナーラ

↑セッテ・フォルマッジ
 ピザにつきましては、マリナーラとセッテ・フォルマッジを注文しました。それを半分ずついただきます。2人だとこうやっていろんなピザを楽しめるので良いですね。
 マリナーラはたいへんうまい! こないだの松山より断然上です。セッテ・フォルマッジはチーズ7種を楽しむピザです。これはちょっとやりすぎです。いつものようにクアトロ・フォルマッジにすべきでした。チーズは多けりゃええもんと違いますね。
 日が暮れつつある宝塚を出て、神戸市内を抜けていきます。デザートをいただきたいのですが、この時間ではもう開いているところがありませんでした。
 神戸みなと花火を横目に須磨へ。須磨水族館の前にあるたこ焼きを食べて、これで打ち止めとさせていただきました。うまかったのでおすすめです。
 では、また、3029氏の新たな企画に期待するとしましょう。