やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

映画「マン・オブ・スティール」(2D字幕)感想


 2013年8月30日公開。
 監督:ザック・スナイダー、脚本:デヴィッド・S・ゴイヤー、製作:クリストファー・ノーラン
 カル=エル/クラーク・ケント/スーパーマンヘンリー・カヴィルロイス・レーンエイミー・アダムス、ゾッド将軍:マイケル・シャノン

 ジョー=エル(ラッセル・クロウ)とララ・ロー(アイェレット・ゾラー)の間にカル=エルが誕生した。クリプトン星では久しく絶えていた自然出産によるものだった。しかし、クリプトンは破滅しつつあり、ジョーとララはカル=エルを地球へ逃がす。ゾッド将軍は、破滅するにもかかわらず対策を取らない元老院に対してクーデターを起こすが失敗して彼に従った部下とともにファントム・ゾーンへ送られる。直後にクリプトンは消滅した。
 その後カル=エルはケント夫妻に育てられ、周りとは違う自分の力に悩みながらも成長する。正体を隠しつつ、人々の命を助けながら各地を放浪した。ある日、父が地球に送った船を発見し潜入して父の遺した意識と対面する。そこで改めて彼は人類のために生きることを決意する。
 ところが、突如としてゾッド将軍が部下と兵器を引き連れて地球に出現し、カル=エルの引渡しを人類全体に要求してきた。カル=エルは人類を信じ、ゾッド将軍に投降した。しかし、ゾッド将軍は地球改造を始めようとしていた。

 面白かったんです。でも、おそらくこのアクションなら3Dで観たほうがよかったんじゃないかなと後悔しています。
 この映画の予告トレーラーを某所で何ヶ月も前から何度も何度も繰り返し目にしていたために、けっこう楽しみにしていたというか、ええ加減にしてくれよという感じでした。
 物語の進行ですが、星の消滅から青年の成長まで描いているのでまるでダイジェストのようでした。アクションの場面には多くの時間を割いていて、成長していく場面なんて本当にあっさりです。すぐ終わります。
 スーパーマンとゾッド将軍たちの戦いは、とにかく速いです。この動きについてこれるかなという感じです。アニメのドラゴンボールにあった戦闘シーンを観ている感じです。何が起こっているのかわかりにくいときもありますが、そこはもう勢いに任せていればいいのでしょう。
 ひたすら破壊ですからね。スーパーマンが町の人に「避難して」と言って、その人が家の中に逃げ込んで鍵をしめていました。でも、そのあとどう見てもその家も含めて町全体が破壊されてしまっているのです。あの人、死んじゃったんじゃないかなあ。そんな感じで、とにかく、小さな町を壊し、海を壊し、メトロポリスと呼ばれる大都会を壊し、挙げ句の果てには宇宙で人工衛星を壊します。超人どうしが戦ったらそりゃそうなるわな、と納得するしかありませんでした。
 それで、メトロポリスでの破壊シーンですが、高層ビルがいくつも倒壊します。粉塵が吹き上がる中を大勢の人々が逃げ惑います。この映像は貿易センタービルが崩壊していく9月11日のときとよく似ているのですが、このような映像を作ってエンタメとして公開することに何もハードルがなくなったということでしょうか。それならそれでいいのですが。
 それにしても『人生の特等席』のときも思いましたがエイミー・アダムスはスーツを着て働く女が似合いますな。え、もう39歳なんですか。もうちょっと若く見えましたけどね。
 さて、ゾッド将軍なんですが、なんだかんだ言ってクーデターを起こした理由も自分たち種族のためでしたし、悪い人とは思えません。そんな人が地球人類を犠牲にしてまで地球を改造しようとしたのがいまいち納得できませんでした。自分たちのためならなりふり構わないということでだからこそクーデターを起こして元老院を殺してしまっているという人なんでしょうけどねえ。怒ると手をつけられないのでしょう。
 クリプトンから赤ん坊が脱出するまでの映画冒頭は、これは本当にスーパーマンの映画なのかなと不安になりました。サポートメカみたいなプカプカ浮かんでいるアレはディスプレイみたいな部分が形を変えるのですが、それが気持ち悪かったです。あんな感じのものは個人的に苦手です。
 あと、カメラワークが不快でした。ゆらゆら揺れるやつです。おそらく『ブラックホーク・ダウン』から始まったんじゃないかと思うこの撮り方が苦手で、最悪の場合酔ってしまいます。特に『クローバーフィールド』がダメでした。そのカメラワークを乗り越えて、最後まで観ましたけどね。
 ところで、原作を読んでいるなら知っているというスーパーマンらしくない行為が劇中にあったそうですが、わかりません。気になります。あと、クラークが着ていたTシャツにロイヤルズと書かれていましたがカンザスシティのロイヤルズのことなのでしょうか。クラークはカンザスで育ったし、ファンだったのでしょうかね。ほかにはセブンイレブンなどのステマが気になりました。これみよがしだったので笑ってしまいました。
 最後に、続編についてです。クリストファー・ノーランザック・スナイダーによる続編は彼らによって公表されていました。そして、町山智浩さんによるとハリウッドでは制作費の3倍の興行収入があれば続編が確定するとのことです。もう既に世界での興行収入が3倍を確定しているので映画会社的にもオーケーです。
 その続編というのは、なんと、アベンジャーズみたいにスーパーマンバットマンが共演する内容だそうです。バットマン役にベン・アフレックの名前が上がっているようで、さらにはノーランのバットマン3部作とは少し違うバットマンとなるようです。
 その共演となる映画のあとに製作されるであろう『ジャスティス・リーグ』と関係しているのか、リーグのメンバーの一人であるアローが連続ドラマとなっているようです。その予告がマン・オブ・スティール本編前に流れました。
 リーグのメンバーの一人のグリーン・ランタンは2011年公開済ですけど、果たして絡みはあるのでしょうか。
 続編は確定しているとはいえ、ハリウッドはその話が消えたりするから、予告が流れはじめるまでは不安です。アベンジャーズとは違う祭りとしてぜひ観たいです。
(223)