やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

今回の賽の目クソ映画『激情版エリートヤンキー三郎』

 観るクソ映画をサイコロを振って決め、このブログで感想を述べる終わりが見えません型企画5回目です。
 さて、前回サイコロで当たったクソ映画は『激情版 エリートヤンキー三郎
概要
 2009年公開。週刊誌で連載されていた漫画がドラマ化、さらに映画化までされた。

 とうとうこの企画も本命に当たったなあと戦々恐々でした。けど、これはクソっぷりを振り切っておりますな。あれです、評価すべきクソです。人間はみんな生まれたとき裸ですし、クソごときでぎゃあぎゃあ言っておったらあかんですよ。
 ドラマのほうは好きで観ていました。激情版も楽しく観てしまいました。ただ、後半に向かうにつれて振り幅が大きくなりすぎましてね。モンスター映画になっていきましたし。食傷気味になります。
 春奈という名前なのになぜ倉科カナじゃないんだろうと思っておりました。それにしても新春奈役のお嬢さん、どこかで見たことあるなあ、誰だっけなあと思っていたら、仮面ライダーWの所長ですやん。あごがにょーんってなってますし。
 どうなんでしょうな、この映画。存在を許していいものかどうか。
・・
 さて、次回の賽の目クソ映画です。選ぶ過程は省いて、決まったのは『ドラゴンボール エヴォリューション』です。大本命に当たったのではないでしょうか。ご期待のなきように。