やくもとうずしおをがっつりと

目指していた国道完走と鉄道完乗は終わりました。日本のすべての国道を走り、鉄道に乗ったのです。

映画『夢売るふたり』を観た感想(ネタバレ)


あらすじ:東京の片隅にある小料理屋。腕が確かな料理人で愛嬌のある夫・貫也(阿部サダヲ)。その夫を支えながら店を切り盛りする妻・里子(松たか子)。ふたりの店は小さいながらも、いつも常連客で賑やかだった。ところが5周年を迎えた日、調理場からの失火が原因で店は全焼。夫婦はすべてを失ってしまう。もう一度やり直せばいいと前向きな里子とは対照的に、やる気を無くした貫也は、働きもせず酒に酔う日々。そんなある日、貫也は駅のホームで店の常連客だった玲子(鈴木砂羽)に再会する。酔っ払った勢いに任せて、玲子と一夜を共にした貫也。翌朝、浮気は里子にすぐにバレてしまうが、妻はその出来事をキッカケに、夫を女たちの心の隙間に忍び込ませて金を騙し取る結婚詐欺を思いつく。自分たちの店を持つという夢を目指し、夫婦は共謀して次々と女たちを騙していく。結婚したい実家暮らしのOL(田中麗奈)、男運の悪いソープ嬢、孤独なウエイトリフティング選手、幼い息子を抱えたシングルマザー(木村多江)。計画は順調に進み、徐々に金は貯まっていく。しかし、嘘の繰り返しはやがて、女たちとの間に、そして夫婦の間にさえも、さざ波を立て始めていく。

 やっぱり、松たか子に悪女をやらせたら最高ですな。松たか子の演技は本当にすばらしいですよ。
 最初のうちは、女性たちをだますことに何のためらいも感じない夫婦です。ただ、ウエイトリフティング選手やシングルマザーに当たっていくうち、特にウエイトリフティング選手のときなんか、夫婦は良心をちらつかせます。
 だましていい相手じゃなかった的な。
 しかも、その良心が夫婦の間に亀裂をつくります。ところが、その亀裂は亀裂のままなのです。夫婦関係が崩壊しません。なんだかんだで、大人な対応をお互いがやってみせるものですから。
 そういうところが、この夫婦の本当に怖いところなのかもしれません。
 ただ、個人的には、そういう良心を見せてしまうあたりからダルかったです。ちょっと長いかな。あと10分くらいは削ってほしかったです。120分超はきついですよ。
 映画のエンディングも良かったんですけどね。
 最初にだましたOLが探偵(笑福亭鶴瓶)を雇います。夫婦による犯行だということがバレて夫のほうが探偵に見つかります。そのあと、夫はOLにボコボコにされてしまいます。そのときの探偵の演技もなかなかのものでした。「手出したらあかん言うたでしょ」って。
 さらには、悲劇が起こります。見つかった現場がシングルマザーの自宅なのですが、息子さんが探偵を刺してしまうわけですね。
 その犯行は、まあ、なんというかその場の流れで夫の犯行ということになってしまって、警察ですよ。刑務所ですよ。
 一方、警察が妻のところに来たら、妻はものすごい勢いで逃走します。
 悪い奴らですなあ。
 良心をちょっと見せた妻も、根っからの悪だったと知らしめるエンディングだと思います。悪女をやらせるなら松たか子
 この映画は、松たか子の演技に注目です。