やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画「スノーホワイト」(吹替)を観てきた感想(ネタバレ)


あらすじ:グリム童話の名作「白雪姫」を題材に、悪の女王と戦うヒロインの姿を描いたアクションアドベンチャー。女王は、その国の王座を奪取することに成功した。王の娘であるスノーホワイトを監禁する。成長したスノーホワイトは牢獄からの脱出に成功した。そこで、己の権力と美貌を脅かす若き継娘スノーホワイトを抹殺するため、邪悪な女王は狩人を刺客として送り込む。スノーホワイトは「黒い森」へ迷いこんだが、狩人によって発見される。狩人は、女王がスノーホワイトにこだわることに疑問を持ち、スノーホワイトを助ける。スノーホワイトは女王を倒すために行動を起こすこととなる。そんな彼女のために狩人はやがて協力していくようになった。
 主人公スノーホワイト役に「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、悪の女王役にシャーリーズ・セロン。そのほか「マイティ・ソー」のクリス・ヘムズワース、「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉」のサム・クラフリンら若手俳優が共演。監督はCMディレクター出身の新鋭ルパート・サンダースが務め、衣装を「アリス・イン・ワンダーランド」のコリーン・アトウッドが担当。

 結論から申しますと、いまいちでした。
 何がダメかというと、スノーホワイトという娘なんですよ。なぜか知らないけど近くの人々のけがや病気を治したり、大勢の人々を導いて(扇動して)行動を起こしたり、不思議な力を持っています。その力がなぜ発揮されるのか説明らしきものはないし、そういうものなのかなあと思うしかないのです。
 スノーホワイトが美人だから、それだけの理由で七人の小人や狩人が協力していったかのような感じです。もしくは、スノーホワイトが死んだ王の娘だとわかった途端に態度を変えたり。スノーホワイトが姫だというだけで協力するような人間ではないですよ、狩人と小人は。彼らは荒くれ者ですから。
 スノーホワイトが姫だと知っている小人がいることもおかしいです。彼女は幼い頃からずっと幽閉されていたのですよ。みんなには死んだと思われていたのです。成長した姿を誰も知らないのに、おかしいです。
 あとは、スノーホワイトが馬に乗って陣頭に立つとか、ありえないです。軍事訓練を受けたわけでもないし、無謀な作戦で無茶しているだけです。
 というわけで、納得できないところが多いです。
 映画の話の流れもまるでダイジェストみたいでして。人物のワープがありましたし。
 たとえば、女王が毒りんごをスノーホワイトに食べさせる場面があります。女王はその前の場面で、城の中で老化して苦しんでいたのです。城を出るとか、毒りんごを用意するような場面がなかったので、いったい何が起きたのやら。
 撮影も、カメラが人物に近づきすぎていて、どんなアクションが繰り広げられているのかわかりづらい場面が多かったです。
 妖精の森で出てきた白い鹿って、もののけ姫か何かで観たことがあるのですが、まさかのパクリでしょうか。その鹿にスノーホワイトが姫として認められた、というふうな場面でしたけど、なんだろうなあ、説得力がもうひとつほしかったです。
 何かと説得力に欠ける映画でした。
 なんと、三部作らしいのですが、この続きはいったいどうするのですか。最後は女王を倒して、スノーホワイトが新しい王となったところで終わりましたよ。きれいな終わり方だったのですが、続けようがないと思います。
 というわけで、スノーホワイト、映像は美しかったですよ。