やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

映画「バトルシップ」(吹替)を観てきた感想(ネタバレ)


あらすじ:2005年、地球環境型惑星を発見。ビーコンプロジェクトというその惑星に地球の存在を伝える計画がハワイ諸島で実行された。それから2012年、ハワイ諸島沖で14か国が参加する環太平洋合同演習リムパックが始まった。同時に、宇宙から人工物が落下してくる。そのうちのひとつがリムパックの行われている海上に落下した。それは、地球侵略を目的としたエイリアンの先遣部隊だった。先遣部隊は母星との通信手段確保のためにハワイ諸島にある最新鋭の通信施設を占拠して母星に連絡を取ろうとしていた。それを妨害させまいとエイリアンはハワイ諸島周辺をバリアで封鎖する。
 リムパックに参加していた大半の艦船がバリアの外にいたが、バリアの中にはわずかに3隻の駆逐艦が取り残された。米海軍のアーレイバーグ級サンプソン、主人公アレックスが乗るジョンポールジョーンズ、海上自衛隊みょうこうだ。
 バリアの中と外は連絡が取れず、ハワイの支援ができない。地球の命運がわずか3隻の駆逐艦にかかっている。
 エイリアンとの戦闘でサンプソンとみょうこうは轟沈、ジョンポールジョーンズだけが残った。サンプソンは一瞬で撃沈されてしまい生存者はいなかったが、みょうこうの乗組員はジョンポールジョーンズによって救出される。みょうこうのナガタ一佐とアレックスは協力してエイリアンを撃退しようとする。
 アレックスの恋人サムがエイリアンの目的をアレックスに伝えることに成功したため、アレックスたちはエイリアンの作戦を阻止するため奮闘した。一部のエイリアンを撃滅したが、ついにはジョンポールジョーンズまで失われる。
 だが、ハワイには戦艦ミズーリがあった。アレックスたちは引退した老軍人と協力してミズーリを抜錨させてエイリアンとの最終対決に持ち込む。エイリアンの持つ最大の兵器と通信施設の破壊に成功した。

 私は、この映画をまったく期待していませんでした。どうせまた大味のバカ映画なんだろ?という感じです。ところが、戦艦ミズーリの奮闘ぶりに胸が熱くなって泣いてしまいました。本当に申し訳ございません。
 映画は最初、アレックスがどれだけダメ人間なのかというところから始まります。たまたま見かけたサムのためにコンビニからチキンブリトーを盗むという大馬鹿野郎です。さらには、短気なのでした。頭に血が上ると周りの意見をまったく聞かずに暴走するのです。知識が豊富という設定があるのですが、そんな描写はミズーリの戦闘で発揮されただけでした。
 アレックスがどういう人間なのか、提督の娘であるサムと結婚したいけど提督がこわい、という場面が長すぎて、映画の前半はイライラしました。この映画、全然ダメじゃないか!と思いました。
 でも、リムパックが始まったところから映画はガラリと変わりました。エイリアンの攻撃が始まってからは面白くなります。
 駆逐艦ジョンポールジョーンズとエイリアンの兵器が戦い、タイトルどおりに戦艦ミズーリが出てきたところからはもう私がダメになっていました。
 戦艦ミズーリといえば太平洋戦争終結時、昭和天皇が降伏の調印をした船でもあります。そんな時代の戦艦ですから今時の管制とか電子戦とかそんなものはできないです。しかも、1992年に引退しています。
 アレックスがミズーリをどうにかしようと乗りこんだら、引退したはずの老兵たちがぞろぞろと現れました。この場面では笑ってしまいましたが、そのあとは胸熱の連続ですよ。
 機関の火入れ、主砲の装てん、そして、抜錨。宇宙戦艦ヤマトみたいじゃないですか。かっこよすぎです。
 ミズーリが敵に動きを察知されないため錨を下ろして無理やりコースを変える場面なんて、ヤマトが冥王星で取った作戦みたいです。胸が張り裂けそうでした。
 さらには、主砲発射。
 最後の一発を敵にぶちこんで、エイリアンの残された攻撃部隊がミズーリに襲いかかってきたときはもはや最後かと思われましたが。そこにリムパックに参加していた米海軍空母ロナルドレーガンから発進した艦載機が到着、ミズーリの危機を救います。この場面なんて、ヤマトの危機を救ったヤマト艦載機みたいです。
 今時の駆逐艦は、ディスプレイの上で戦争ゲームをやっているようなものですよね。それではあまり熱くなることがありません。ミサイルなんてつまらないですよ。でも、旧時代の戦艦は目視で主砲を発射、命中させて敵を粉砕します。旧時代の戦い方もまた胸熱です。
 私は、戦艦が大好きで、ヤマトが大好きで、それだからこの映画で胸を熱くしてしまったようです。
 戦艦最高!
 我らがみょうこうの轟沈場面は胸が痛くなりましたけど、自衛官が地球のために大活躍した点は最高です。
 笑ったところもあります。陸軍を退役した黒人のおっさんがエイリアンと殴り合う場面があります。そのときおっさんの拳が思いきりエイリアンの頭にぶちこまれるのですが、エイリアンの歯が何本か飛びます。エイリアンを殴る映画はインディペンデンスデイとかサインとかありますけど、歯を飛ばしたのは初めてではないでしょうか。
 さて、これまで多くのエイリアンが地球侵略をしてきました。ほぼ失敗しています。今回も失敗です。
 その原因は。
 今回のエイリアンは、ヒューマノイド型、手足の指が4本ずつ、肌は白、立派なひげ、爬虫類のような眼でした。爬虫類の眼というのがポイントで、強い光に弱いようです。ゴーグルで眼を守っていますが、それを地球側にすぐに察知されてしまうのでした。
 さらに、エイリアンの兵器が思いのほか撃たれ弱かったです。地球側の駆逐艦が放つミサイルや戦艦の主砲で破壊できるのです。エイリアンの兵器による攻撃も、光線みたいなのを放ってくるということはなく、炸裂弾丸を投てきしてきたり、車輪みたいな兵器で体当たりしてきたり。あまり大したことがありません。
 準備不足、調査不足でしょう。
 ただ、母星から本隊がやってきたら地球は本当にピンチかもしれません。それにバカじゃないから学習するだろうし。本隊がやってこないことを祈りましょう。
 とにかく、バトルシップの戦艦ミズーリ戦闘場面は最高でした。