やくもとうずしおをがっつりと

「映画鑑賞感想」は配信やDVDなど自宅で見た映画、『映画「タイトル」感想』は映画館で観た映画の感想です。

銀河をがっつりと 新JR四国編 その7

これまでのあらすじ:通称「銀河」、私が妄想している私の脳内世界。その世界「銀河」では、2006年以降、強い日本を実現すべく奔走する者たちがいて、彼らは四国を中心に活動していた。その中で、彼らはJR四国他四国の公共交通を手中におさめ、安くて速くて便利な公共交通をつくろうとしていた。ここでは、銀河の世界のJR四国を新JR四国と呼んでいる。
http://d.hatena.ne.jp/uraomotenoraneko/20100123/1264235688
 こちらのアドレスはこないだ私がこのブログの中で書いた「マチアソビをがっつりと」の記事です。このマチアソビで、私は徳島駅から新町にかけてぶらぶらしていました。そのぶらぶらしている間に、新JR四国主導による徳島駅周辺再開発を二つ考えていたのです。街を眺めながら歩いていたらそういうのが思い浮かびましてね。現在、徳島市が進めている西新町再開発http://www.city.tokushima.tokushima.jp/bunka_sinko/pdf/bunka_sinko33.pdf(PDFファイルなので注意)を新JR四国がかなり違う内容でやってしまうという案、それと、徳島駅の北の地域一帯を再開発する案です。
 この案ふたつは、内容は同じでして、場所が異なるだけです。まずは、内容なのですが、大型商業施設です。フジグラン北島をつぶす勢いにします。映画館併設で衣料品やアクセサリの小売店、みやげもの、レストラン、書籍、飲み屋などを集合させます。集合する小売店などは極力徳島県内の資本、徳島県内の商店を集合させます。県外資本は排除して、徳島の金が徳島の中で循環する形をつくりたいのです。それでは客が来ないというのであれば、客が来るようなものにすればいいんですよ。どうすれば客が来るのか知らんけども。あと、駐車場も3000台以上は確保します。客寄せのためには、やはり食事に力を入れて、徳島中華そばのほか東京ミートレアhttp://www.keio-ekichika.com/tokyomeatrea/のようなものをつくりたいです。映画館については、ものすごく音がよくて劇場数が多くて東京や大阪でしかやらないような映画もやるようにしたいです。それに、徳島駅側のポッポ街と連携してヲタ向けの店舗も入れたりして、幅広い観光客を集めたいです。イベントもできたらいいな、なんてね。
 それで、店舗面積はできるだけ大きなものにしたいです。フジグラン北島の3倍以上で75000平方メートルくらいにします。西新町の場合、1.4ヘクタールしか確保できないようなので、空に向かってだいぶ高くすることになりますが、そうなると眉山の景観を損ねることになりますし、場所はやはり徳島駅北がいいでしょうか。徳島駅は新JR四国において高架化により車両基地がなくなりますので、土地が確保できますし、巨大商業施設は可能だと思います。周辺道路の渋滞が心配ですが、それも、新JR四国が金を出して道路を整備させていただきたいと切に願います。